ブロックチェーン・ゲームが1年で2000%増に、アクシー・インフィニティは減少傾向

game_157651941_s.jpg

 Dapp(分散型アプリケーション)市場データを提供するダップレーダーによると、22年3月におけるブロックチェーン活用ゲームのUAW(ユニーク・アクティブ・ウォレット)は1日平均122万で、前年比で2000%増となった。

 しかし、同社の20日のレポートによると、22年1-3月にブロックチェーン・ゲームに接続していたUAWは1日平均117万で、21年10-12月から2%減少している。

 イーサリアム(ETH)のサイドチェーンであるポリゴン(MATIC)が、主要ゲーム・エコシステムであるワックス(WAXP)、ハーモニー(ONE)、BNBチェーンのライバルとして勢いを増し続けている、とアナリストらは述べた。ダップレーダーによると、ポリゴン上のゲームDappのUAWは22年1-3月に1日平均11万4000で、3月には17万3000だった。

 一方、主要な業界プレイヤーの1社であり、ブロックチェーンを用いた人気のオンラインゲームであるアクシー・インフィニティ(AXS)を開発したスカイメイビスは、最近この分野における史上最大規模のハッキングを受け、試練の時を迎えている。

 分析によると、「このハッキングによってローニンのネイティブDappは運営を休止せざるを得なくなったが、アクシーのブロックチェーン活動の落ち込みの全てがこの攻撃によるものではなく、実際にはすでに減少していた。同ゲームのオンチェーン活動はUAWが1日平均5万5000を超えた1月にピークを迎え、3月には約2万2000まで落ち込んでいた」という。

 スカイメイビスがSLP報酬率を変更した結果、同ゲームのUAWは2月中旬に減少し始めた。同社の狙いはアクシーのゲーム内通貨を長期的に持続可能にすることにあった、とダップレーダーは述べた。

 同レポートによると「それでもアクシー・インフィニティはまだ1日の利用者数で最もプレイされているゲーム上位10種に入っており、オフチェーン・データを測定するデイリー・アクティブ・ユーザーはまだ150万人を超えている」という。

 いずれにせよ、投資家は近い将来の大きな利益を見込み、ブロックチェーン・ゲーム分野に多額の資金を投入し続けている。

 「1-3月には25億ドルが調達されており、ブロックチェーン・ゲームへの投資は続いている。このペースならば22年の投資額は21年の150%増しになるだろう」とダップレーダーは述べた

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/blockchain-gaming-skyrockets-2000-in-one-year-axie-infinity-in-downtrend-report.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて