日本の交換所、登録済みプラットフォームとして初めてDOGEを上場

DOGE127991057_s.jpg

 日本の暗号資産(仮想通貨)交換業者BTCBOXが、ドージコイン(DOGE)の上場を予定していると発表した。この取引プラットフォームが規制当局の金融庁に登録されていることを考えると、これは同トークンにとって日本における大きな一歩となる。

 BTCBOXはツイートの中で、「4月末までに」ドージコインを上場する予定で、詳細は近日中に発表すると述べた。

 同社は、ドージコインのペアは「かんたん売買」サービスの一環として提供されると付け加えた。

 金融庁が日本の交換所業界の取り締まりを引き受ける前は、交換業者は基本的に未規制で、好きなアルトコインを全て自由にプラットフォームに追加することができた。しかし金融庁は17年9月、(複数の上場プロトコルを含む)厳しいコンプライアンス規制の遵守を交換業者に義務付け始め、違反者を事業の一時停止や閉鎖に追い込んだ。

 この規制の一部はプラットフォームに上場できるコインを対象としたもので、金融庁はこの件に介入し続けている。

 上場ポリシーはその後、日本で金融庁に登録されている全ての交換業者から成る自主規制団体のJVCEA(日本暗号資産取引業協会)が監督してきた。同協会は新たなコインの上場申請を1つ1つ慎重に検討しており、新たなコインを上場したい交換業者が列をなしていた。

 以前報じられた通り、JVCEAはこの慎重な手法によって日本の暗号資産顧客が国内のプラットフォームで20種類程度のコインしか取引できなくなっていることを認識し、現在この手続きの合理化を計画している。例えば、ドージコインを取引したい人々は海外プラットフォームを利用せざるを得なかった。

 しかし、それすらも困難になっていた。日本語でのアプリ内サービスを追加し日本語で顧客サポートを提供することで日本の習慣に合わせている海外の暗号資産取引所に対し、金融庁は再三警告を行っている。

 JVCEAは18種類の「人気暗号資産」の「グリーンリスト」を3月中に公開する予定だ。同協会は、競合プラットフォームですでに取り扱われているトークンの上場を許可する規則も作成する予定である。そのため、もしBTCBOXのドージコイン上場が計画通りに進めば、日本の他の取引プラットフォームも今後数カ月間でその前例にならって後に続く可能性が十分にある。

 ドージコインを生み出した元々のミームの主役である柴犬「かぼす」は日本の犬で、幼稚園教諭の佐藤敦子氏に08年に引き取られ、その後日本でも海外でもネット上で有名になった。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/japanese-exchange-become-first-licence-holding-platform-list-doge.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて