韓国の裁判所、ゲーム内での暗号資産やNFTの売買を認めず

95295206_s.jpg

 韓国の憲法裁判所は、ゲーマーの暗号資産(仮想通貨)と非代替性トークン(NFT)の売買を阻止する法律を支持し、ビデオゲーム関連コインやアイテムを取引する人を罰することを望んでいる。

 匿名の個人2名は、ゲーム内で獲得した仮想通貨の交換を法律で罰することができるように定めるゲーム産業法は韓国憲法の違反であると主張し、起訴後控訴しようと試みた。もし2人組が成功していれば、この訴訟は現在韓国ゲーム規制当局によって禁止されているプレイ・トゥー・アーン(P2E)ゲームにとって、せきを切るものとなっていただろう。

 しかし、憲法裁判所の判事は控訴に対し「満場一致で」判決を下し、告訴を却下したとメディアNews1は報じた。

 法的理由から2人組はAとBとされている。Aはオンラインゲームアイテムの仲介業と取引会社の運営者と説明されている。Bは仮想アイテムの売却と再購入の罪に問われている。Aは約3万3300ドルの罰金を科された。

 一方、Bは顧客が暗号資産を利用し、ポーカーを含むギャンブルができるオンライン環境を作り出し、勝利金の現金への交換を助けた罪に問われているパソコンゲームルーム(現地ではPCバンとして知られている)の運営者である。

 訴訟に直接関与しているゲーム会社はないが、強い関心を持って事態を見守っている。韓国のゲーム業界は推定160億ドルに相当する。国内企業はP2Eの所有を検討している。

 多くの会社が独自のサービスを海外で製作発表しているが、規制当局は断固として年数に適したNFTと暗号資産関連の所有許可を拒否する決定を貫いている。そのような許可なしでは、韓国での流通はほぼ不可能である。特に21年、規制当局はアプリストアにNFTとP2Eを国内のストアから除外することを要求すると示唆した。

 06年に発表され、それ以降、複数回修正が加わったゲーム産業法は、企業や個人がゲームの利用を通して獲得したアイテムや「仮想通貨」の交換、アイテムや暗号資産の法定通貨への交換を行うことを禁止している。違反者は最大5年間投獄され、最大4万1600ドルの罰金も適用される可能性があると法律は定めている。

 法律の憲法上の立場に挑んだ2人の試みは憲法裁判所に却下された。

 裁判長が法律は「社会の秩序を乱すゲーム商品の利用」を阻止していると述べた、と同メディアは伝えた。法律は韓国で「健全なゲーム文化」を作り出すことを促進していると付け加えた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/south-korean-court-rejects-challenge-strict-crypto-nft-gaming-law.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて