アクシー・インフィニティが刷新を発表、AXSとSLPが上昇

AXS_173015551_s.jpg

 ブロックチェーンベースの人気モバイルゲームであるアクシー・インフィニティ(AXS)が、次のシーズン20で経済の調整を行い、報酬として獲得できるスムーズ・ラブ・ポーション(SLP)トークンの日間発行枚数を大幅に削減する。

 同ゲームはまず、エコシステム内で作られるSLPトークン全体の40%と14%を占めるアドベンチャーモードとデイリークエスト報酬を廃止する。これにより、SLPトークンの日間発行枚数は約54%減少する。

 SLPトークンのインフレが最近極めて高くなっているため、このことは重要だ。繁殖でバーン(需要)される量の4倍以上のSLPが毎日作成(供給)されており、SLPの年間パフォーマンスの悪さの原因となっている。

 SLPとAXSはこのニュースを受けて上昇した。UTC(協定世界時)7日午前9時時点で、SLPは27%、AXSは10%上昇している。さらにコインゲッコーによると、両コインは過去1週間で約30%上昇している。SLPは現在1SLP=0.013ドル、AXSは1AXS=69.65ドルで取引されている。

 アクシー・インフィニティは、この調整は経済のバランスを保ち今後の損害を防ぐために必要であるとし、「アクシーの経済は現在、思い切った断固とした行動を必要としており、さもなければ全面的で永久的な経済の破綻の恐れがある」と述べた。

 これらの変更にも関わらず、同ゲームのPVP(プレイヤー対プレイヤー)モードでは1日にバーンされる量のおよそ2倍のSLPが生成される。この問題に対処するため、同ゲームはアリーナ報酬をさらに調整し「様々な楽しいバーンの仕組みと経済的なシンクを提供する」予定だ。

 同ゲームはまた、AXSのリーダーボードも大幅に拡張する。シーズン19では約3000AXSをリーダーボードの上位1000人に配布していたが、シーズン20では11万7676AXSを提供し、リーダーボードの枠を30万人に拡張する。

 「端的に言うと、私たちは成長と数百万人の受け入れを優先した。このアプローチが無ければ、アクシーは数千人のプレイヤーを抱える小規模でニッチなゲームに留まっていた可能性が高い。多くのプロジェクトにとってそれは素晴らしいことだが、私たちの望みは数十億人のゲーマーをウェブ3に参入させ、インターネットを永遠に変えることだ」と同ゲームは述べた。

 以前報じられた通り、アクシー・インフィニティは深刻な経済的非対称性に直面している。AXSが急騰して以来、ゲームの開始に3匹のアクシーを購入するという標準的手順を踏むプレイヤーが減少している。彼らはその代わりに他のプレイヤーからアクシーを借りており、「持続可能性の懸念が発生」している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/axs-slp-move-higher-as-axie-infinity-reveals-economic-revamp.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて