インスタグラム、NFT対応を検討

Instagram113070472_s.jpg

 写真・動画共有ソーシャルネットワークサービスのインスタグラムは、より多くのユーザーがNFT(非代替性トークン)を利用できるようにするため、NFTをインスタグラムに組み入れる方法を模索している。同社の幹部が明らかにした。

 インスタグラムのトップであるアダム・モセリ氏はNFT関連の質問に対し、「まだ正式に発表することはない」としながらも、インスタグラムはNFTを「より多くの人が利用できる」ようにすることを検討していると回答。

 同氏は「NFTはみんなが遊べる興味深い分野であり、クリエイターを支援し得る1つの方法でもあると思う」と話した。

 CNBCが入手したデータによると、インスタグラムは世界中に20億人以上の月間アクティブユーザーがいると推定されており、NFT分野に大量のクリエイターや所有者を呼び込むことができ得る存在だ。

 インスタグラムは、ソーシャルメディア大手フェイスブックの親会社であるMeta Platformが所有している。Metaは12年、約10億ドルの現金と株式でインスタグラムを買収した。

 今回の動きに関連して、アプリ開発者のアレサンドロ・パルッツィ氏は、インスタグラムが「コレクティブルズ」という機能をアプリに追加し、ユーザーがインスタグラム上でNFTを売買できるようにするために取り組んでいることが分かるスクリーンショットを公開している。

 伝統的なアート作品の売り手がNFTを活用して収入源を多様化したように、インスタグラムも世界的なデジタルアート市場に進出することで、新たな収入源を確保することができるだろう。

 最近では、英国のオークションハウスであるクリスティーズが、21年の総売上高が約71億ドルになる見込みであると発表。これは過去5年間で最高の業績であり、20年の売上高を54%以上上回っている。21年の売上高は約1億5000万ドル近くと、NFTは同社売上高に占める割合を拡大している。クリスティーズは中でも、Beepleのデジタルアート作品である「EVERYDAYS:THE FIRST 5000 DAYS」のオークションで大きな成功を収めた。同作品は3月、6935万ドルという驚異的な金額で落札された。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/instagram-mulls-integrating-nfts-its-platform.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて