メタバースゲーム「The Sandbox」、Snoop Doggコラボのランドセール実施へ

SnoopDogg48462114_s_bgr.jpg

●Snoop Doggコラボの土地販売
メタバース(仮想空間)やNFT(非代替性トークン)を利用したブロックチェーンゲーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」は2日、米著名ラッパーSnoop Doggとコラボし、ゲーム内のバーチャル土地(ランド)の販売予定を発表した。

関連:メタバース上のNFTゲーム「The Sandbox」について動画解説【CONNECTV】

限定セール「The Snoopverse LAND」は、日本時間2日22時より予定され、「Snoopverse ESTATE」という地域周辺にある122区画の土地が販売対象となる。

また、67のプレミアムランドは3つのSnoop Doggブランド限定のNFTとセットで販売され、そのほか、3つのランドはOpenSeaでオークション形式で販売される。それぞれの販売価格は下図の通りだ。


出典:The Sandbox

The Sandboxは今年11月に、新規イベントThe Sandbox Alpha」のローンチを発表。日本時間の11月29日22時に開始し、「Alpha Season」と呼ばれる期間が12月20日に終了するまで、18の新たな体験が毎週リリースされる。

関連:メタバースのNFTゲーム「The Sandbox」、アルファ版ローンチを発表

また、同月にソフトバンクグループのVision Fund 2が主導した資金調達ラウンドで100億円(9,300万ドル)を調達した。クリエイターエコノミーの拡大、およびファッションや建築、バーチャルコンサートなどの仮想領域で用いるとした。

関連:ソフトバンク、メタバースNFTゲーム「The Sandbox」で100億円規模の資金調達主導か

関連:大企業の関心集める「NFT」の魅力とは|主な特徴と将来性を解説

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=298092

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて