10月にマイナーを酷評したロシア州知事が今ではマイナーを歓迎している

russia_87155187_s.jpg

 数週間前、暗号資産(仮想通貨)マイナーを非難したロシアの州知事は、現在マイナーに同地区での店舗の設立を支援し、トークンを採掘している人を支援している。

 10月の報道では、ロシアのイベリア地方南部のイルクーツクのイーゴリ・コーブゼフ州知事はあっという間に採掘のホットスポットとなったイルクーツクでの圧倒的な電力消費の増加に闘うために、ロシア副首相で重要な電力部門政策立案者のアレクサンドル・ナヴァク氏に助けを求めた。

 10月、地下の採掘は19年の数と比較し、すでに10倍に増加したとコーブゼフ州知事は述べ、イルクーツクの回路網は増大している負荷の対応に悪戦苦闘していると警告した。郊外の電力停止は地下の暗号資産マイナーのせいであると真っ向から非難し、多くのマイナーが秘密裏に運営していると主張した。

 ロシア政府は採掘関連の条項を法的に定義付けし、マイナーに一般住民より割高な電気代を支払うよう命じると返答で示唆している。これに同知事は満足した様子で、現在は積極的に採掘を支持しているようだ。

 コーブゼフ州知事は、採掘は「起業家活動」として分類されるべきだと述べた、とインテルファックス通信は伝えている。「企業活動」のために指定された場所を提供することについて話した。

 同通信社はコーブゼフ州知事の発言を伝えている。

 「私はロシア連邦の副首相に依頼した。私は採掘は起業家活動であるとみなしている。政府はこの件に関して独自の考えを持っている。(私たちの苦情を)検討し、支持している」

 実際、マイナーが喜んで当局と協力する限り、コーブゼフ州知事の賛同を得られるようだ。

 ロシアでは冬が始まり、配電網は大きな課題に直面する。イルクーツク地区の住民のほとんどは熱電力や水力発電のようなエネルギー源から電力を得て、暖房のために電力を使用する。

 しかし、マイナーが電力会社と直接連携すれば、都市部の配電網への負荷を減らすことができるとコーブゼフ州知事は述べている。

 同知事は次のように話している。

 「マイナーに産業採掘のためのプラットフォームを提供する準備ができている。例えば、ウスチ・イリムスクだ。しかし、(町や都市の)配電網に負担をかけないよう、別の配線を利用するため、所定の方法に従う必要がある」

 ウスチ・イリムスクはソビエト連邦時代の3840メガワットのウスチ・イリムスク水力発電所と火力発電所の地である。

 この州にはアンガラ川が通り、別の2つの主要水力発電所、4515メガワットのブラーツク水力発電所と687.1メガワットのイルクーツク水力発電所に電力を供給している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/russian-governor-who-slated-miners-in-october-now-plans-to-welcome-them.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて