ConstitutionDAOのプロジェクト終了も、PEOPLEトークン史上最高値

166358581_s.jpg

 ConstitutionDAOのPEOPLEトークンはたった2日で10倍に急上昇した。

 ConstitutionDAOのガバナンストークンであるPEOPLEは過去2日で驚異的な900%の上昇を見せている。コインゲッコーのデータによれば、PEOPLEは現在史上最高値の0.046ドルで42%増で取引されている。

 水曜日早朝、同トークンは現在の価格の10分の1で取引されていた。本稿投稿時、取引高も驚愕の4840万ドルに急増している。

 興味深いことに、PEOPLEトークンの急激な価格の動きはConstitutionDAOがプロジェクトの終了を公式に発表した数日後に起きた。プロジェクトの終了にかかわらず、PEOPLEトークンが急上昇した明白な理由は分かっていない。

 ConstitutionDAOはサザビーズでオークションにかけられた希少な米憲法初版本を購入するために、分散型クラウドファンディングを目的として21年初期に設立された。11月19日までに、同プロジェクトは膨大な4500万ドルを調達した約1万7000人の寄贈者にPEOPLEトークンを売却した。しかし、最後の最後に落札できなかった。

 後に、ConstitutionDAOは寄贈者にPEOPLEトークンを払い戻すという最大の課題に直面することとなった。払い戻しに加え、プロジェクト計画者は寄贈者にPEOPLEトークンを保有し続け、別のガバナンストークン「We The People」を受け取るという選択肢も与えた。

イーサリアム(ETH)の払い戻しにユーザーがかけられた高いガス代

 ConstitutionDAOのプロジェクト終了の発表後、1万7000人の寄贈者にETHで4000万ドルの払い戻しを開始した。しかし、ユーザーは高い手数料のガス代に直面した。

 何人かのユーザーはこの件をプロジェクトの代表者に報告した。しかし、代表者はこれに対する解決策がないことに言及した。「ガス代がかからない払い戻しの方法を考案しようと最大限の努力をした。しかし、タイミング良く手配できることが何もなかった」とひとりは記載している。「できる限り早く安全な払い戻しの処理を提供することが第1の目標だ」。

 ディスコードのサーバー管理者はさらに次のように付け加えた。

 「これは非常に難しい判断で、最善の選択肢を見つけるために過去数日間起きている間ずっとパソコンと向き合っていた。全員が満足する解決策はない」

 ConstitutionDAOの代表者がこの件にどう対処するかはまだ不明である。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coinspeaker.com/people-token-constitutiondao-ath//

This story originally appeared on Coinspeaker.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて