アディダスオリジナルスとコインベースがパートナーシップ締結―詳細は不明

Adidas_133574312_s.jpg

 アディダスのブランドであるアディダスオリジナルスは米暗号資産(仮想通貨)交換所大手コインベースとの提携について、わざと曖昧なツイートをし、暗号資産界への進出を発表した。

 持って回ったひねりを入れ、同ブランドは次のように記している。

 「コインベースと提携した。多分大したことではない」

 コインベースは暗号資産コミュニティで人気の挨拶「gm」(おはようの短縮形)で返答し、アディダスオリジナルスをタグ付けし、「暗号資産へようこそ、パートナー!」と記載した。

 アディダスオリジナルスがザ・サンドボックスの仮想空間で144区画を購入し、メタバースプレイヤーである同社と提携した数日後に、今回の動向があった。地図の記述で以下のように説明している。

 「アディダスオリジナルスはメタバースに飛び込み、私たちの常時つながっている実態感のある初の仮想体験とともにサンドボックスに向かっている。独創性のある優れた新世界への最初の一歩を一緒に踏み出そう」

 ザ・サンドボックスはアディダスのマーケティングで使用されている表現に言及し、ツイッターで返答した。
 
 「メタバースで不可能なんて、ありえない。未来設計に、独創的な思想家や実行力のある人みんなを招待するのはどうだろう?」

 コインベースとの提携はアディダスオリジナルスのザ・サンドボックスの動向と関連があるかもしれないと示唆する観測筋もいれば、コインベースがマーケットプレイスとして機能し、同スポーツウェアメーカーはメタバースで利用できる非代替性トークン(NFT)の仮想衣類商品のローンチを検討している可能性がある、とツイッターで示唆する人もいる。

 Cryptonews.comはコインベース、アディダスオリジナルス、ザ・サンドボックスの運営会社アニモカ・ブランズにコメントを求めている。

 アディダスの競合ナイキは11月に仮想衣類商品の特許を取得することを検討し、ロブロックスのゲーム製造会社であるロブロックスと契約を締結した。

 サザビーズやコカコーラのような企業はディセントラランドと提携し、有名ブランドは急成長しているメタバースのプロジェクトの人気を逃すことを恐れ、おそらく同様の提携が続くだろうとメタバースのプレイヤーは主張している。

 アディダスオリジナルスの動向はNFTやメタバースとはまったく関係がなく、代わりにアディダスが実体ある商品の支払いに暗号資産の受け入れを開始する準備ができたことの示唆である可能性もある、と他の暗号資産コミュニティのメンバーは考えている。

 あるひとりは同衣類大手に「影響力を得るために、前途有望な芸術家とここで提携する」よう促している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/adidas-originals-coinbase-strike-partnership-but-keep-details-vague.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて