シンクタンク調査対象の米国人の16%が暗号資産投資家、トレーダー、利用者

39112247_s.jpg

 独立系シンクタンクのピュー研究所が最近行った調査によれば、回答者の16%が暗号資産(仮想通貨)の投資、取引、使用経験があると認め、米国成人の間で暗号資産の人気が加速している。

 15年、同センターによるビットコイン(BTC)に焦点を当てた以前の調査では、調査対象の1%のみが、暗号資産に関して同様の返答をした。

 この調査は21年9月13日から19日の間に1万371人の米国成人を対象に行われたとセンターは述べている。

 この最新の調査は、特にある人口層が暗号資産の使用経験があることを示しているとシンクタンクは話している。

 18歳から29歳の米国人の約10人のうち3人、または31%がBTCやイーサリアム(ETH)のような暗号資産の投資、取引、使用経験があると話し、比較すると、年配層の経験の割合は少ないとピュー研究所は話している。

 さらに、男性は女性の約2倍、22%対10%の割合で暗号資産の使用経験があることが判明した。

 調査が示唆しているのは、年齢と性別を組み合わせると、特に違いが明らかになる。

 「例えば、18歳から29歳の女性の19%と比較して、同年代の約10人のうち4人の男性(43%)が暗号資産の投資、取引、使用経験があると話している。男性と女性ともに、暗号資産の投資、取引、使用経験のある確率は年齢とともに減少する」と同研究所は話している。

 暗号資産の投資、取引、使用経験があると話す層は白人成人よりもアジア人、黒人、ヒスパニックの成人の方がおそらく多いと調査は示している。

 同時に、統計的に世帯収入の水準からは大きな差異は生じない。暗号資産投資家、トレーダー、利用者は高所得者層、中間所得者層回答者の17%と低所得者層回答者の15%を占めている。

 シンクタンクによれば、「人口層の大多数が暗号資産について少なくとも少しは聞いたことがあると話す一方、よく耳にしたと話す割合は少ない」。以下のように付け加えている。

 「例えば、おそらく50歳以下の成人(31%)と男性(35%)は年配米国人(16%)と女性(15%)より、暗号資産についてよく耳にしたと話す」

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/16-of-surveyed-americans-are-crypto-investors-traders-users-think-tank.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて