債権者が計画を承認し、マウントゴックスのビットコインに払い戻しの兆し

46295091_s.jpg

 マウントゴックス債権者が何年も待っていた、いくつかのコインを受け取ることを選択できる計画を承認し、ようやく光が見えてきたようだ。

 日本人弁護士かつ現在運営していないビットコイン(BTC)交換所の管財人である小林信明氏は翻訳された手紙で、東京地裁支部に提出されていたオファーに債権者の「約99%」が賛成票を投じたと説明している。

 21年5月に開始した投票は10月初旬に終了した。

 裁判所は命令を下したが、トークン返却の正確な時間には言及していなかった。

 「再生債権者に明確な時期、手続き、返済額の詳細について発表する」と管財人は記載している。

 しかし、処理は10月20日の「約1カ月」後に「完了する」と小林氏は記している。

 その後、債権者はウェブサイトを通じて、更生債権の証拠を提出し、支払い請求することができる。

 管財人は「関係者すべての理解と支援に感謝を意を表している」と小林氏は記載している。

 同BTC交換所は一時は世界最大級であったが、ハッカーに何千ものBTCトークンを盗まれる相次ぐハッキング後の14年に破産した。

 それ以来、債権者は資金を回収しようと努めていたが、何年にも渡る長引く法的闘争に巻き込まれていた。

 以前、フォートレス・インベストメント・グループは債権者に債権の約80%を提供していた。しかし、管財人はさらに高額の約90%近くを約束していた。おそらく、ハッキングで失われたトークンは切り捨てることになり、払戻金はもともと所持していた額のわずか一部となることを意味する。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/mt-gox-bitcoin-payouts-on-horizon-after-creditors-approve-plan.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて