プーチン大統領、暗号資産は「無価値ではなく、存在する権利」があると

RussianPutin95499442_s.jpg

 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は暗号資産(仮想通貨)は「存在する権利」があると主張し、暗号資産に対して驚くほど肯定的な発言をした。そして、いつか「積み立て手段として」居場所を見つけると付け加えた。

 プーチン大統領はニュースチャンネルCNBCのエネルギー題材のインタビューで話し、記録はロシア政府のウェブサイトに掲載された。インタビューで、石油輸出契約の決済方法として、暗号資産をを使用する可能性について質問された。

 大統領は次のように答えている。

 「暗号資産での契約? それを話すのは早すぎる。もちろん、暗号資産を(契約で)計算貨幣として使用することは可能だが、暗号資産は非常に不安定だ。資金をあちこちに送金するために暗号資産を使用する(のは可能だ)。しかし、私の意見では、特にエネルギー資源を取引するときに、(暗号資産で)取引するのは時期尚早だ」

 ガソリンと石油の価格が世界中で急上昇し続ける中、ロシア大統領はロシアのエネルギー週間イベントの一部として同メディアに話していた。そして、暗号資産についての見解をさらに聞かれ、「すべてのものは存在する権利がある」と主張した。暗号資産でさえもだ。

 プーチン大統領は次のように付け加えた。

 「(暗号資産が)どこまで進むか分かるだろう。いつか(トークンは)積み立て手段になるだろう。市場がどのように発展するか見ることになるだろう。現時点で、(暗号資産について)判断を下すのは少し早すぎる」

 そして、暗号資産は「まだ何にも支援されていない電子的資料」であると述べる一方、記者に暗号資産を「価値のないもの」と考えるかと質問されたときにはたじろぎ、以下のように答えている。

 「なぜ?(暗号資産には)価値がある。ここでの疑問は、石油を購入、販売するときに計算貨幣として暗号資産を使用できるかどうかじゃないのか。それが私の話していることだ。エネルギー取引では、特に炭化水素の場合、従来の(決済)貨幣を使用する必要がある」
 
(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/putin-says-crypto-is-not-worthless-and-has-the-right-to-exist.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて