地域ステーブルコイン「取り締まり」が分散型資産を立件

122817941_s.jpg

 韓国政府は中央集権型デジタル資産を追跡し、管理できることを示し、利用者に意図せず警告を送っている。

 今回は韓国の益山市の地方政府当局が、地域ステーブルコインの違法利用を厳しく取り締まると話している。

 全羅北道の政府はIkusan Dairomトークンの「違法分配を根絶するための取り締まり」を発表した、とNewsisは報道している。ブロックチェーンを利用する同コインは電気通信会社大手KTとスマートフォン拠点のGood Payのエコシステムが提供する技術を利用している。

 韓国の亀尾市、金浦市、蔚山市のような都市で、同様のKT主導プロジェクトが利用されている。

 このトークンは、多くの韓国の都市が全国規模や国際的なブランドに妨害される恐れのある地元ビジネスを促進する試みで、発行に使用している紙のギフト券の代わりである。

 益山市のホームページによれば、複合企業が運営している大規模なスーパーに加え、「エンターテイメント」関連のサービスを提供するカジノ、ギャンブル、宝くじ関連事業、違法な投機、アダルトショップ、マッサージパーラー、パブのような多くの事業が決済手段として、Dairomを受け入れることを禁止されている。

 しかし、多くの小規模ビジネスがこの規制を無視している証拠があると市は主張している。

 「リアルタイムの金融取引でトークンが関与している不正使用のような疑わしい取引を監視する」ために、現地通貨運営システムのビッグ・データを分析する目的で、ブロックチェーン技術を使用している、と益山市は話している。

 トークンの受取手が「商品の販売や、サービスの提供をすることなく」コインを取得している、またはトークン決済が商品やサービスの価値を超えている事例を調査したい、と益山市は付け加えている。

 ある事例では、業者が「繰り返し違う人の名前を使用して」トークンを購入し、「法定通貨ウォンに交換」していたようだ。

 軽犯罪にはその場で罰金が科され、重犯罪は起訴し、最大1万6740ドルの罰金を科すことを望んでいると益山市は付け加えた。

 市の広報担当者の話が伝えられている。

 「違法分配を引き続き取り締まる。Iksan Dairomの違法分配を防ぎ、地元経済を活性するために、違法取引を阻止する」

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/local-stablecoin-crackdown-builds-a-case-for-decentralized-money.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて