AMCシアターズ、ビットペイを通じた暗号資産決済を開始

AMC114100950_s.jpg

 AMCはビットペイとの提携により、ドージコイン(DOGE)に加え、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)などの暗号資産(仮想通貨)にも対応することになる。

 AMCシアターズの5日の発表によると、同社は暗号資産計画をさらに拡大することを決定し、今度は電子ギフトカードを暗号資産で購入できるようにする。消費者は、同社公式ウェブサイト、アプリ、映画館でこのデジタルカードを購入することができる。

●AMCシアターズ、電子カードの購入にドージコインでの支払い受け付ける

 AMCシアターズCEO(最高経営責任者)のアダム・アーロン氏はツイッターで、消費者は今、ドージコインで最大200ドルの電子ギフトカードを購入できると発表した。

 これは、ドージコインが有力な暗号資産の1つとして世界に普及するための重要な一歩となる。新たな決済オプションはビットペイウォレットと連携して処理される。ビットペイは最も成功したビットコイン決済サービスプロバイダーの1つであり、暗号資産決済を手がける多くの有名企業によって選ばれている。同社は11年に設立され、NBAチームのダラス・マーベリックスなどを含む多くの企業と提携している。

 アーロン氏は以前ツイッターでアンケートを実施し、AMCはドージコインでのチケットの支払いに対応するべきかどうかをコミュニティに尋ねた。AMCはビットペイとの提携により、ドージコインに加え、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、イーサリアムなどの暗号資産にも対応することになる。同社の動きはツイッターの暗号資産コミュニティから非常に高い評価と注目を集めている。さらに、アーロン氏の発表ツイートにはテスラCEOのイーロン・マスク氏も「いいね」を付けている。

 ドージコイン価格も一貫して上昇し、5日は13%上昇。現在、過去24時間で2.3%上昇し、1DOGE=0.25ドルで取引されている。ドージコインは21年に入ってから4425.05%上昇しており、最も人気の高い暗号資産の1つとなった。

 特にツイッターのドージコインコミュニティはAMCの動きに興奮しており、ドージコイン決済を受け入れるという決断を称賛している。様々な商品の購入に利用できる電子ギフトカードは世界中で広く使われており、ドージコインが規模を拡大し、他のサービス領域でも受け入れやすくする最も効果的な方法として活用することができる。

 1920年に設立されたAMCシアターズは、米カンザス州リーウッドに本社を置く有名映画館チェーン。同社は米国の映画館市場において、リーガルとシネマーク・シアターズを抑えて最大のシェアを占め、ヨーロッパでは約358館、米国では620館の映画館を運営している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://www.coinspeaker.com/amc-theatres-payments-crypto-bitpay/

This story originally appeared on Coinspeaker.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて