韓国で暗号資産購入のために親戚の名前で金を借りた銀行員に懲役10年を求刑

korea_91609370_s.jpg

 韓国の銀行員が暗号資産(仮想通貨)に投資するために、親戚の名を使い「違法に何百もの韓国ウォンを借り」、検察は前例を作るために、銀行員たちを10年間、刑務所に入れることを望んでいる。

 Newsisによれば、40歳の銀行員「A」は済州地方裁判所支所で裁判にかけられ、特定経済犯罪の加重処罰法違反の罪を認めている。

 Aは韓国南岸にある亜熱帯の島である済州の不特定の銀行支店の融資部門に勤務していた19年10月から20年3月の間、母親と親戚の名前を使い、230万ドル以上に相当する韓国ウォンを違法に借りたとされている。

 また、株式投資の悲惨な結果により、財政状況が苦しくなり、Aは決心したと検察は説明している。その後、Aは銀行資金を改ざんし、「暗号資産」に投資するために、巨額な資金を違法に借りた。

 前述の期間、ビットコイン(BTC)や主要アルトコインのほとんどが優勢であったため、おそらくAはあまり知られていないアルトコインに賭けてみた。その投資は「損失」として記録されていると裁判所は付け加えている。

 Aの弁護士は被告人は「きちんと服役した後、良心的な生活を送り、社会復帰することに全力を注ぐつもりだ」と法廷で話し、寛容な処置を求めている。

 判決のため、裁判所は10月28日に再招集される。

 報道によれば、Aは法廷で頭を下げ、「私を信じていた家族と同僚を含め、被害を被った人すべてにお詫びを申し上げます」と述べた。

 しかし、検察は厳しい処罰を求め、以下のように述べている。

 「被告人が犯したこのような犯罪は、金融機関への国民の信頼の問題へとつながる。厳しく処罰されるべきだ」

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/banker-faces-10-year-jail-term-after-borrowing-money-in-mothers-name-to-buy-crypto.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて