ソフトバンクやゴールドマン・サックス、ブロックチェーンインフラ企業Blockdaemonに170億円出資

63616175_m.jpg

●相次ぐソフトバンクのリード出資
米ブロックチェーン関連企業Blockdaemonは21日、ソフトバンクの『Vision Fund 2』が主導する資金調達ラウンドで約170億円(1.55億ドル)を調達したことを発表した。

今回の調達はBlockdaemonのシリーズBであり、リード投資家Vision Fund 2のほか、Matrix Capital Management、Sapphire Ventures、Morgan Creek Digitalなども新規投資家として参加。また、ゴールドマン・サックスやKraken Ventures、CoinFundなどの既存投資家も新たに出資しているという。

また、同社は6月に、シリーズAで、ゴールドマン・サックスやCoinShares、BlockFiなどから、約31億円を調達した経緯がある。

Blockdaemonはニューヨークにあるスタートアップで、機関投資家向けにステーキングノードの運用など、ブロックチェーンのインフラサービスを提供。現在、ビットコイン(BTC)やイーサリアム2.0、エイダ(ADA)、ソラナ(SOL)、ポルカドット(DOT)、コスモス(ATOM)を含む40以上のブロックチェーンに対応している。

今回出資を主導したソフトバンクについては、昨日も出資の事例が報じられた。ブロックチェーン基盤のファンタジーフットボールゲームを提供する仏「Sorare」のシリーズBで、ソフトバンクなどが約750億円(6.8億ドル)を出資した。こちらを参照

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=278558

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて