米バイデン大統領、新たなCFTC委員長と委員2人の候補者発表

109185492_s_CFTC.jpg

●仮想通貨規制にも関わるCFTCの人事
米ジョー・バイデン大統領は13日、米商品先物取引委員会(CFTC)の委員長および委員2人の候補者を発表した。CFTC委員長には、現CFTC委員長代理のRostin Behnam氏を挙げている。

なお、この後に上院で候補者を審査するための公聴会が開催され、候補者の指名プロセスがさらに進められることになるが、その時期については明らかになっていない。

CFTCは米証券取引委員会(SEC)と並んで、暗号資産(仮想通貨)を規制する機関としてよく名前が挙がる。SECが法的に証券にあたる資産を担当する一方で、CFTCはデリバティブなど先物商品にあたる仮想通貨のデリバティブの監督・取締りについて権限を持っている。

関連:米CFTC委員、仮想通貨市場に対する規制権限を解説

CFTCとSECに対しては、一部の議員らが、仮想通貨規制を明確化するために連携していくように呼びかけている。

関連:米議員ら、仮想通貨規制でSECとCFTCの連携求める 

"CFTC(商品先物取引委員会)とは

商品取引所に上場する商品や金利、デリバティブ全般など、米国の先物取引市場を監督する機関。1974年設立の政府機関。市場参加者を保護し、市場の健全性を確保するため、不正の防止・摘発を行う。「CFTC」は「Commodity Futures Trading Commission」の略。

仮想通貨用語集"


●委員長にはRostin Behnam氏
まずバイデン大統領は、CFTC委員長に、Rostin Behnam現CFTC委員長代理を指名する予定だ。

Behnam氏は、1月から暫定的にCFTCのトップを務めている。2017年よりCFTC委員に就任し、2019年には、CFTC気候関連市場リスク小委員会の設立を先導するなど、環境的な側面から、金融システムの持続可能性を高めることにも注力してきた。

また、過去には仮想通貨に対してもオープンな姿勢を見せていたことがある。2018年にはBFI summitで「ブロックチェーン技術や新しい仮想の世界は、経済、社会、政治の構造を作り変えていくだろう。新しい仮想世界は、新たな可能性と潜在的に大きな危険をもたらしうる」として、その潜在的な恩恵とリスクの両方を認識している。

●金融政策の専門家2人が委員候補
次に、大統領は新たなCFTC委員として、Kristin Johnson氏とChristy Goldsmith Romero氏を候補者に発表した。

Kristin Johnson氏はエモリー大学の法学部教授で、金融市場のリスク管理に関する政策が専門。特に証券やデリバティブを含む金融商品の規制を扱っている。

Goldsmith Romero氏は、不良資産救済プログラム特別監察官室(SIGTARP)の監察官として働く人物だ。2019年からは、バージニア大学ロースクールなどで非常勤の教授としても教鞭をとっており、証券規制や、仮想通貨規制についての講座を担当してきた。

SIGTARPは、米国政府の経済安定化プログラムを支える役割を果たしている機関である。最近では、コロナ禍の影響で、失業または不完全雇用となった住宅所有者に対して、差し押さえ救済措置などを行っている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=276453

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて