露中銀、国内銀行に暗号資産取引を遮断するよう伝える

russia_112648755_s.jpg

 ロシアの中央銀行が国内の商業銀行に対し、顧客の暗号資産(仮想通貨)取引関連のカード及び電子決済取引を遮断するよう求めている。

 ロシア中央銀行は公式発表の中で、インターネットを使った「闇経済」関連ビジネスを根絶する必要性について言及。「暗号資産取引」を「オンラインのカジノや宝くじ」、「ネズミ講」、そして外国為替ディーラーと同じグループにまとめ、国内の銀行と電子決済事業者に対し、これらのような「違法な事業活動」に属する全ての口座や電子ウォレットを洗い出すよう求めた。

 同中央銀行は国内の金融機関に対し、「闇経済」と関連があるとされた口座に対し行われた取引の「提供を完全に停止」し、「取引を遮断」して欲しいと述べた。

 また、同中央銀行は、疑わしい「闇経済」の取引と公明正大なピア・ツー・ピア事業の取引を効率的に見分ける役に立つというプロトコルのリストを銀行に提供した。

 そして同行は、暗号資産、外国為替、カジノなどは「詐欺」や「資金を失う高いリスクと関連がある」、といつも通りの説明を繰り返した。

 報道機関のKod Durovは、この新たな措置でロシア中央銀行は「個人の暗号資産取引やトレードに関する直接の法的禁止がないにもかかわらず、ロシアでの暗号資産の流通停止に一歩踏み出した」とコメントした。

 ロシア中央銀行は長らく、暗号資産政策を巡って政府の経済重視勢力と膠着状態にある。同中央銀行は中国の暗号資産摘発と同様の暗号資産全面禁止を繰り返し求めているが、財務省や他の政府機関はそのような措置に反対している。

 結果として生じた停滞により、決済手段としての暗号資産の禁止や暗号資産利益の税申告義務などのいくつかの措置は成立したものの、規制分野はあまり活発ではない。

 しかし暗号資産のマイニングはロシアで引き続き盛んに行われている。大企業は依然としてトークン化を進めている。そして、ステーブルコインの利用も制限したいというロシア中央銀行の要求にもかかわらず、ロシア最大の銀行でテクノロジー大手のズベルバンク(ズベルとも呼ばれる)はステーブルコインをローンチした。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/russian-central-bank-tells-domestic-banks-to-block-crypto-exchange-transactions.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて