エルサルバドルのビットコインアプリは公金による民間会社だとの報道

El-Salvador165655462_s.jpg

 エルサルバドル政府、与党のヌエバス・イデアス(新しい理念)、そして国営ビットコイン(BTC)ウォレットのチーボが集中砲火を浴びている。チーボの運営主体は「公的資金を利用する民間企業」であると一部メディアが報じたのだ。

 エル・ディアリオ・デ・ホイ紙、ラ・プレンサ・グラフィカ紙、エル・ファロ紙など、ナジブ・ブケレ大統領の政権と対立している大手の左派新聞複数の報道によれば、政府は事実上ヌエバス・イデアスの身内がチーボを運営するように取り計らっているという。

 各紙はまた、ブケレ大統領がチーボアプリの資金に公金を使用していると報じ、大統領の御用メディアであるディアリオ・エルサルバドル紙の発行元と同じ会社との繋がりを指摘した。

 各紙の主張によれば、エルサルバドル企業の登記簿から得たデータを見ると、チーボアプリが部分的に「帰属」する会社は「レンパ川水力発電執行委員会」(地元ではCELと呼ばれている)が22年前に設立した民間企業である。CELは独立公共機関のひとつと記述されている。だが各紙はさらにこの企業が、公金を用いて設立されたことを特記しつつ、21年8月24日にチーボSA de CVと改名され、同時にエルサルバドル開発銀行を通じて公的資金6000万ドルの資金注入を受けたと述べた。各紙はこの資金がビットコインの購入に使われたとした。

 登記データによれば、CELは「公的な独立公共サービス機関」である。

 各紙はチーボの役員によく知られたブケレ大統領の関係者複数が含まれていると述べた。そのうち2人は執行「管理者」である。最も有名なのは28歳のレイモンド・フランシスコ・ヴィラルタ・アルファロ氏というブケレ大統領の盟友で、大統領の与党ヌエバス・イデアスの党員でもある。ヴィラルタ・アルファロ氏は観光省と連携する政府の役職に就いている。

 もうひとりの管理者は27歳のオスカー・マウリシオ・フィゲロア・トーレスという人物で、現在外務省傘下の対外資金調達技術事務局という機関の事務局長を務めている。

 エル・ディアリオ・デ・ホイ紙は、チーボアプリの共同所有者として登記されているのはエルサルバドル最大の卸電力会社であるETESAであると指摘した。またETESAは「公文書によればその資本金の大部分を提供した」のがCELであるにもかかわらず、「民間」子会社を4社運営している。

 しかしながら、公共監査機関である監査院はこれらの企業の管理運営を調査する権限を持っていない、と各紙は指摘している。

 エルサルバドルでビットコインATMを多数運営してもいるチーボの設立手法について、これを報じた各紙はディアリオ・エルサルバドル紙の設立手法との間に類似点を見ている。

 ディアリオ・エルサルバドル紙も同じく、別のエネルギー会社であるCLEA(カンパニア・デ・ルーズ・エレクトリカ・デ・アワチャパン)が共同所有者として登記されている。やはりCLEAも公金を利用しており、しかもチーボの株式の1%を保有している。

 エル・ディアリオ・デ・ホイによれば、皮肉にも、現在の監査院長であるロベルト・アントニオ・アンゾラ・キロズ氏は20年にディアリオ・エルサルバドル紙が設立された際、企業が「公金を僅かでも運用するまたは受け取っている」場合、その企業は「監査を受けるべきだ」と警告していたという。

 一方、上述のディアリオ・エルサルバドル紙の紙面では、政府とそのビットコイン計画の先行きはずっと明るいように見える。

 同紙はソンソナテでベーカリーのスタートアップ企業を経営する28歳の「若手起業家」の事例として、彼の会社がビットコインを受け入れ始めた初日に売上が25%も急上昇したと主張していると報じた。

 この男性は、1日のうちにビットコインだけで106ドル相当の売上を上げたと主張し、チーボATMの前でビットコインを法定通貨に両替する様子を写真に撮った。

 ロベルト・カルロス・ヴィデスという名前のこの男性は次のように述べたと伝えられている。

 「ビットコインはとても優れた(決済)オプションです。特に価格が上昇しているときには。法定通貨に両替する前にビットコイン価格が上昇するのを待つことをお勧めします」

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/el-salavdor-bitcoin-app-is-a-private-firm-funded-by-public-funds-say-media.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて