英国の若年成人、暗号資産の知識を深めたいと望む

Uk134351619_s.jpg

 調査を受けた英国の若年成人の約56%が、資産の多くを普通預金に預けており、暗号資産(仮想通貨)への投資機会を失っていることが、最近の調査で明らかになった。

 米国のETF(上場投資信託)及びETP(上場取引型金融商品)のスポンサーで資産管理会社のウィズダムツリー・インベストメンツが委託した最近の調査によると、この集団の投資額増加の主な障害は暗号資産に関する知識の欠如だが、英国の若年成人の多くは暗号資産の知識を深めたいと考えているという。

 この調査は18-30歳の約3000名を対象として7月に行われ、英国、イタリア、ドイツで各1000名がサンプルとなった。この調査によって、英国の若年成人は不動産、普通預金、暗号資産、株式が長期投資の利益の主な源泉であると考えており、それぞれ22%、20%、19%、17%の回答があったことが示された。

 一部の回答者は暗号資産への投資に意欲を示したが、63%は暗号資産がどのように機能するのか分からないと答えた。これらの回答者は同時に、この新興資産クラスについてより深く知りたいと意欲を見せており、62%が投資したり購入額を増やすために暗号資産についての知識を深めることに関心を示したという。

 「この調査で明らかとなった若い投資家を暗号資産投資に向かわせる主な要因は、ファンダメンタルズについての学習(38%)、値下がりや押し目買いの機会(30%)、より多くの暗号資産投資家を知ること(30%)などである」とウィズダムツリー・インベストメンツは述べた。

 しかし、有名人の暗号資産投資家にメディアが最近注目しているにもかかわらず、有名な人物が認めれば暗号資産への投資を検討するとした回答者はわずか16%だった、と同社は付け加えた。

 この調査結果によって、米国人消費者を対象とした21年2月の調査結果が再確認された。この2月の調査では、普及拡大への主な壁は暗号資産に対する十分な理解であり、これはボラティリティその他のよく挙げられる理由を大幅に上回っていることが示されていた。明るい話題としては、21年4月の調査で暗号資産に対する消費者の理解は向上傾向にあることが明らかとなっている。EIU(エコノミスト・インテリジェンス・ユニット)の21年5月のレポートでは、いわゆる開発途上国の人々はビットコイン(BTC)などの分散型暗号資産により詳しく、教育水準の高い人々は暗号資産を利用する傾向にあることが示された。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/young-uk-adults-eager-to-learn-more-about-crypto-survey.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて