コインベースと「雑な」SECとの戦いで、暗号資産規制の課題を再認識

113809058_s_sec.jpg

 コインベースのCEO(最高経営責任者)であるブライアン・アームストロング氏は米SEC(証券取引委員会)に対して、ツイッターで「実に雑な対応をしている」と非難した。また、コインベースの暗号資産(仮想通貨)貸付計画を少なくとも10月まで延期することを明らかにした。

 同社によると、SECは暗号資産貸付商品「レンド」に関する懸念を巡り、コインべースを「提訴」する意向があるという。SECは、米ドルに連動するUSDコイン(USDC)が使われる同商品は、「証券」の性質を持っていると主張している。コインベースは、同規制当局が取り締まろうとする「理由はわからない」と述べた。

 コインベースは、この商品を利用すると、「顧客は認証された借り手にUSDコインを貸し出し、年利4%のリターンを得ることができる」と発表している。

 コインベースは、同社顧問弁護士のポール・グレワル氏が書いたブログ記事を投稿。グレワル氏は、SECはすでに通知を出しており、これは法廷で訴えることを正式に通知する前段階であると説明している。

 また、「コインベースは約6カ月間にわたり、レンドについてSECと積極的に向き合ってきた」と主張。

 グレワル氏およびアームストロング氏は、レンドのローンチをどう進めていくかについてSECに助言を求めたのは自分たちの方だと述べている。しかし、競合他社はすでに似たようなサービスを提供しているにも関わらず、SECは説明することなく法的措置を取るという形で対応したと訴えた。

 グレワル氏は、「他の暗号資産企業は何年も前から貸付商品を提供している。また、最近も新たな貸付商品が続々と登場している」と述べた。

 同氏によると、SECに助言を求めた後、「レンドが証券にあたると伝えられたが、結論にたどり着いた理由や経緯については説明しようとしなかった」という。

 最終的に、コインベースはレンド計画を公表。しかしこれがSECを怒らせたようで、「正式な調査を開始する」形で対応を取った。

 アームストロング氏は、「なぜそれが証券に当たるのかを説明することを拒否し、大量の記録を召喚させ(当社はそれに応じている)、従業員の証言を要求した(応じている)。その後、理由を説明することなく、商品をローンチした場合は私たちを訴えると伝えた」と述べた。

 グレワル氏はこの召喚について、「従業員の1人」が「8月に丸1日をかけてレンドに関する完全かつ透明性のある証言を行った」と説明している。

 SECは、「レンドのウェイトリストにいる全員の名前と連絡先を要求しているという。しかし、コインベースはこれに応じていないということだ。

 グレワル氏によると、SECは「なぜ問題視しているのかを説明しない」が、「1946年と1990年」の「HoweyとRevesという数十年前の最高裁判例」だけを引き合いに出し、「レンドをローンチした場合は訴える意向だ」と主張している。

 グレワル氏は結論として、コインベースは「少なくとも10月まではレンドをローンチしない」としたが、「疑問と曖昧さは、顧客が求め、コインベースなどの会社が安全に提供できる新たな商品を不必要に抑制するだけだ」と主張し、「さらなる規制の明確性」を呼びかけた。

 さらにアームストロング氏は、5月にワシントンに行き、「できるだけ多くの規制機関と政府の部門と会った」ことを明かした。

 「SECは『いかなる暗号資産企業とも会わない』ということで、規制機関の中で唯一私との面会を拒否した。これは、コインベースが米国で上場した最初の暗号資産企業となった直後のことだった」

 また、アームストロング氏は、法廷闘争からは逃げないことを宣言し、「裁判になった場合は、SECが提供を拒否している規制に関する明確性を得ることができるかもしれない。しかし、訴訟による規制は、SECにとっては最後の手段であり、最初の手段ではないはずだ」と主張した。

 複数の著名暗号資産コミュニティメンバーが不満をあらわにしている。メサーリの創設者兼CEOのライアン・セルキス氏はSECの「脅迫戦略」を非難した。

 コインベースの米国最大のライバルであるクラーケンのジェシー・パウエルCEOは、「米国の規制当局は、都合がいいという理由で善良な事業者たちを押さえつけている」とコメント。

 同氏は、「国内事業と消費者を海外に追いやろうとする動きの裏には誰がいるのか」と問いかけた。

 しかし、法律専門家らも議論に加わり、アンダーソン・キルのパートナーであるプレストン・バーン氏は、「重要な点において無担保債券とは異ならない」ため、「利回り商品は証券だ」と指摘した。

 他にも、アルトコイン関係の商品については、いくらか前から前兆はあったと指摘するものもいた。

 クリプトニュースはSECにコメントを求めている。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/coinbase-vs-sketchy-sec-case-reminds-of-crypto-regulation-challenges.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて