暗号資産相場修正で清算急増

81577099_s.jpg

 暗号資産(仮想通貨)市場は7日、軒並み上昇していたが、UTC(協定世界時)8時頃から下落に転じた。

 UTC9時50分、トップに立つ暗号資産ビットコイン(BTC)は1日で1%以上下落、1BTC=5万1000ドルをわずかに下回る値を付けた。イーサリアム(ETH)は5%下落し、1ETH=約3700ドル。

 この急落は暗号資産デリバティブトレーダーを驚かせたようで、取引所では全ての暗号資産での「ロング」ポジションの清算が急増している。Bybt dataによると、ロングポジションの清算額はUTC10時に2億ドルを超え、1時間前のわずか3800万ドルから急増している。

 同データサイトによると、過去1時間における全清算額のほぼ半数がデリバティブ取引所バイビットから発生したもので、次に清算額の30%を占めたバイナンスが続いた。イーサリアムは過去1時間で約3500万ドルが清算されており、取引されているすべての資産の中で最も大きな打撃を受けている。

 イーサリアムを中心とした清算が始まる数時間前、イーサリアム先物のOI(未決済建玉)が過去最高を記録したと報告されていた。人気暗号資産インフルエンサーのラーク・デービス氏は、イーサリアム市場は「超強気傾向にあり、かなりロング(買い持ち)されている」と伝えていた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/liquidations-spike-as-crypto-market-corrects.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて