<今日の仮想通貨市況>カルダノが時価総額3位に浮上、日本初の取扱いを好感

142400289_s.jpg
 19日午前9時30分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=492万5698円(過去24時間比0.34%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=33万2970円(同0.53%高)。また、時価総額3位に浮上したカルダノ(ADA)は1ADA=236.4円(同11.16%高)を大きく買われている。

 18日、国内暗号資産交換所ビットポイントが25日からADAの新規取り扱いを開始すると発表した。ADAについては、スマートコントラクト(条件に応じて自動的に契約執行するプログラム)とDeFi(分散型金融)機能を実装することができるアップブレード「アロンゾ」が9月12日に控え、先高感から週間ベースでも14.07%高と騰勢が続いているが、日本初の取扱いが好感され、一段と買い意欲が高まったようだ。

 また、18日の金融市場では7月開催FOMC(米連邦公開市場委員会)議事録に注目が集まり、年内にテーパリング(量的緩和の段階的縮小)を開始すべきとの意見の委員が多数を占め、緩和マネー流入にサポートされる米株式市場が急落。これを受け、BTCやETHが一時下落する場面があったが、19日日本時間には持ち直した。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて