<今日の仮想通貨市況>米地区連銀総裁のネガティブ発言受け、売り優勢

81577099_s.jpg
 18日午前9時45分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=488万8027円(過去24時間比1.72%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=32万9140円(同3.66%安)など売り優勢となっている。

 17日、ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁が講演で「暗号資産の95%は詐欺、誇大宣伝、騒音、混乱」と断じたことなどが嫌気され、売り優勢となっている。

 このほか、大手格付機関フィッチ・レーティングスがエルサルバドルに対しBTCを法定通貨として採用しないよう警告したことや、米住宅ローン大手UWMホールディングス<UWMC>が年内にBTC決済に対応する計画があると報じられたことなどが話題となった。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて