<今日の仮想通貨市況>米上院の規制対象限定法案提出を好感し、買い優勢

19806446_s.jpg
 5日午前10時現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=435万7496円(過去24時間比4.37%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=29万8584円(同9.45%高)など買い優勢となっている。

 4日、前日のゲンスラーSEC(米証券取引委員会)委員長による暗号資産規制強化発言で警戒感が残る中、米上院で暗号資産の規制対象を限定する法案が提出され、主要暗号資産には、買い戻し機運が広がった。

 このほか、3日に51%攻撃(BSVネットワーク全体の採掘速度の51%を支配し、不正取引を行う行為)を受けたビットコインSV(BSV)を支援する非営利団体「ビットコイン・アソシエーション」が4日、51%攻撃を阻止したと発表したことも相場に買い安心感をもたらしたものとみられる。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて