豪中小企業、ETFの準備が進む中で暗号資産の流れに乗る

Australia90254684_s.jpg

 オーストラリアの暗号資産(仮想通貨)取引所Swyftxによると、テスラやマイクロストラテジーの例に倣って暗号資産に投資する中小企業が増えており、会計事務所までもがこれに含まれるという。

 Swyftxの戦略的パートナーシップ責任者であるトミー・ホーナン氏は地元ニュースサイトのストックヘッドに対し、自社の顧客は過去1年間で約1万5000名から約32万名に増加しており、新規顧客の一部は信託や自己運用退職年金基金の代表者や個人だが大部分は中小企業だ、と語った。個人のうち約5-6%が25万豪ドル(18万7000米ドル)以上の資産を持つ富裕層口座だという。

 「会計事務所、建設会社、不動産開発業者が顧客になっている。この種の口座は大幅に増加している」とホーナン氏は述べた。同氏は具体的な数字は示さず、富裕層の個人は上位100種類以外の暗号資産は購入していないとだけ語った。

 いずれにせよ、近い将来、オーストラリア国民の暗号資産投資の選択肢は増えるかもしれない。

 ビジネス・インサイダー・オーストラリアは5月に「数名の業界筋の話」として、ASX(オーストラリア証券取引所)が複数の暗号資産に基づくETF(上場投資信託)の申請を審査しており、これが21年に立ち上げられる可能性もある、と報じた。

 ASXのエグゼクティブ・ゼネラルマネージャーであるマックス・カニンガム氏は、「これは米国、カナダ、欧州、英国などの先進国市場において、機関レベルで主流のものになっている。人々はこれを無視できない。我々もこれを無視できないし、無視しない」と述べた。

 ETFによって、普通の投資家がポートフォリオの一部としてビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などの暗号資産を保有することが可能になる。オーストラリアの退職年金基金もこの資産クラスに投資できる。

 オーストラリア退職年金基金協会によると、21年3月時点の退職年金資産は計3.1兆豪ドル(2.31兆米ドル)である。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/australian-smes-catching-crypto-wave-while-an-etf-in-works-11047.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて