<今日の仮想通貨市況>ETHが4000ドルに接近、米投資ファンドがETF申請

87437215_s.jpg

 10日午前9時30分現在の暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=630万円前後(過去24時間比1.3%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=42万4000円前後(同0.8%高)となっている。

 週末はイーサリアムが一段高となり、9日朝にはドルベースで3900ドルを突破した。大型アップデートを控えるイーサリアムはNFT(非代替性トークン)やDeFi(分散型金融)での利用が活発化するとの期待もあって人気を集めているが、7日には米投資ファンドのヴァンエックが米国で初めてイーサリアムETF(上場投資信託)の申請目論見書をSEC(米証券取引委員会)に提出したことがわかり、上昇に弾みがついた。

 また、カルダノ(ADA)がサブスクリプション決済ソリューションとして提供するRevutoのパブリックトークンの販売を控えて強含んでおり、時価総額でテザー(USTD)を抜いて5位となった。

 一方、ビットコインは7日昼ごろから9日未明にかけて堅調推移となったが、足元では売りが優勢。アルトコインでは、前週に勢いのあったドージコイン(DOGE)も利益確定売りに押されている。テスラやスペースX創業者のイーロン・マスク氏がテレビ番組で、司会者に「ドージコインはばくちか」と問われ、「ばくちだ」と答えたことも売り材料になっているようだ。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて