<今日の仮想通貨市況>底堅い、サード・ポイントが暗号資産を保有と判明

17964816_s.jpg

 12日午前9時20分現在の暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=660万円前後(過去24時間比0.2%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=23万6000円前後(同0.6%高)などとなっている。

 ビットコインは10日昼ごろに上げ幅を拡大し、3月15日以来約1カ月ぶりに6万ドル台を回復。イーサリアムは同時刻に上昇基調を強め、過去最高値を更新した。過去24時間比ではまちまちとなっているが、高値圏を維持するなど底堅い。

 アクティビスト(物言う株主)として知られる米ヘッジファンドのサード・ポイントが資産管理事業を展開するコインベース・カストディを利用して暗号資産を保有していることが分かった。暗号資産の種類や投資額などは不明。

 XRP(XRP)も週末は強含みで推移し、11日には18年1月以来となる150円台を回復。12日朝方の時点でも150円前後(同0.1%高)と高値圏を維持している。リップル社とSEC(米証券取引委員会)はXRPが有価証券か否かで争っているが、裁判所がSECの求めていた資料請求の一部を棄却したことで、リップル社が優位との見方が広がったようだ。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて