<今日の仮想通貨市況>買い優勢、FOMC後のリスクオンムードを好感

38011953_s.jpg
 18日午前11時15分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=644万7852円(過去24時間比5.06%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=19万9856円(同2.74%高)と買い優勢なっている。また、暗号資産交換所最大手コインベースProに新規上場し、18日から取引開始となるカルダノ(ADA)も引き続き騰勢を強めており、1ADA=152.5円(同13.71%高)と急伸。バイナンスコイン(BNB)を抜いて、時価総額3位に浮上した。

 17日、FOMC(米連邦公開市場委員会)でゼロ金利政策と量的緩和策の現状維持が決まったほか、FOMCメンバーの政策金利予想の中央値で23年までゼロ金利を維持する方針が示され、早期利上げ観測が後退。米長期金利が低下し、米株式市場ではNYダウとS&P500が史上最高値を更新するリスクオンムードとなり、暗号資産市場にも資金流入がみられた。

 このほか、米金融大手モルガン・スタンレーが顧客の機関投資家向けにビットコイン関連ファンドへのアクセスを新たに提供すると報じられたことや、香港証券取引所に上場する中国企業「美図(メイトゥ)」が子会社を通じてBTCとETHを買い増していると発表したことなどが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて