DeFiハッキング再び:パンケーキスワップとクリームファイナンスのサイトが被害

159081009_s.jpg

 15日遅くに、パンケーキスワップ(CAKE)とクリームファイナンス(CREAM)の少なくとも2つの大手DeFi(分散型金融)プロジェクトが、いわゆるDNSハイジャックの被害を受けた自社のウェブサイトにアクセスしないようユーザーに訴えた。

 協定世界時16時3分時点で、パンケーキスワップはDNSへのアクセス権を回復したとしている。

 パンケーキスワップは「それぞれのDNS解決によってある程度の伝搬時間が必要になる可能性があるため、一部のユーザーはまだ影響を受けているおそれがある」と述べ、間もなく追加の情報更新を行うと約束した。

 一方クリームファイナンスは、協定世界時16時16分にapp.creamfinance.coを購入し展開したとして、こちらのサイトは安全に使用できると主張した。

 パンケーキスワップは15日のこれより早い時間に「あなたの資金がリスクに晒されるのは、乗っ取られたサイトで秘密鍵やシードフレーズを入力した場合のみだ」と述べていた。

 また、クリームファイナンスは「DNSは第三者による攻撃を受けた。一部のユーザーにはhttp://app.cream.finance.にシードフレーズを入力するようにとのリクエストが届いている。自分のシードフレーズを入力してはいけない」

 バイナンスのチャンポン・シャオCEO(最高経営責任者)は「複数のDeFiプロジェクトがDNSハイジャック攻撃を受けている。パンケーキ、クリームなどだ。十二分に注意を払い、状況が改善するまでこれらを利用しないようにしてもらいたい」と警告した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/another-defi-hack-pancakeswap-cream-finance-websites-comprom-9548.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて