<今日の仮想通貨市況>もみ合い、「G20デジタル通貨容認」報道には反応薄

48317819_s_g20.jpg

 13日午前9時40分現在のビットコイン(BTC)は1BTC=99万1100円前後(過去24時間比0.1%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=2万5800円前後(同0.5%高)、XRP(XRP)が1XRP=21.5円前後(同1.0%安)などとなっている。

 週末の暗号資産(仮想通貨)は狭いレンジでもみ合った。新型コロナウイルスの新規感染者数の増加を背景にしたリスクオフの売りが上値を抑えたが、米製薬大手ギリアド・サイエンシズの「レムデシビル」が新型コロナ患者の死亡率を62%下げる可能性があるとの報道を受けて米国株が上昇したため、暗号資産も買い戻しが優勢となった。

 週末には、G20(20カ国・地域)で「デジタル通貨」を事実上容認する方向で調整していると報じられたが、市場の反応は薄かった。10月に米ワシントンでG20財務相・中央銀行総裁会議、11月にサウジアラビアでG20サミットが予定されているが、報道によると、10月にもマネーロンダリング(資金洗浄)の防止など規制議論を本格化させる見通しという。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて