バイナンスCEO、「クレイグ・ライト氏は詐欺師」

CZと呼ばれるバイナンスのジャオ・チャンポンCEO(最高経営責任者)が現在進行中のツイッター上の争いの中でクレイグ・ライト氏を「詐欺師」と非難した。ビットコインSV(BSV)の背後にいるライト氏は長らく自身がビットコイン(BTC)の生みの親であり、サトシ・ナカモトであると主張している。 ジャオ氏がライト氏を非難したのはこれが初めてではない。先週にも、ライト氏がツイッターのユーザーに訴訟を起こした際にジャオ氏はビットコインSVをバイナンスから除外すると脅している。 ●ビットコイン詐欺? ジャオ氏はライト氏とその共犯者であるカルヴィン・エアー氏が仮想通貨コミュニティを汚していると訴えている。サトシ・ナカモトと偽ることで、またビットコインSVがサトシ・ナカモトの「真のビジョン」であると偽ることで、ライト氏はビットコインに大きな被害を与えているとジャオ氏は述べた。 3月にツイッターを辞めたライト氏は敵対者に訴訟を起こすことで仮想通貨コミュニティに更なる怒りを巻き起こした。エアー氏のツイッターが述べるように、ライト氏は彼がサトシ・ナカモトであるという主張を公で否定した人々に訴訟を起こすようだ。 この訴訟は「非常に中傷的で口汚いツイートでライト氏を苦しめ中傷する的を絞った運動」に対処することを目指している。 ●仮想通貨コミュニティは一斉にライト氏を非難 ライト氏の標的となっている1人は偽名を用いたツイッター・ユーザーの@hodlonautである。CCNが報じたように、ライト氏は訴訟を起こすと脅しており、@hodlonautの素性を暴くことに5000ドルの懸賞金を授けるとも脅している。これに対し、仮想通貨コミュニティの何人かの大物がライト氏を再び激しく批判した。 仮想通貨ファンド、モーガン・クリークのアンソニー・ポンプリアーノ氏は全ての仮想通貨取引所に対しビットコインSVを除外するよう求めた。ビットコイン・マガジンを含め他の人も#WeAreAllHodlonaut(私達は皆@hodlonautだ)を採用し、ツイッター・ユーザーが訴訟に対抗するための資金調達キャンペーンも立ち上がった。 もう1人のツイッター・ユーザー、ピーター・マコーマック氏もライト氏の訴訟の対象となっている。マコーマック氏はライト氏の攻撃的な法的措置に対し長文の返答を行っている。ジャオ氏によってリツイートされた文書の中でマコーマック氏は以下のように説明する。 「ビットコインSVがサトシのビジョンであるという考えの下で人々がビットコインSVに投資することを防ぐために、クレッグ・ライト氏が詐欺師であるということが指摘されています。私の意見では絶対にビットコインSVはサトシのビジョンではありません。自身の詐欺行為を守るために人々を騙らせ、嫌がらせをすることはビットコインへの攻撃です」 ●「本当のサトシは証明のために、メッセージに電子署名をすることができる」 ライト氏の自身がビットコインの生みの親であるという主張にも関わらず、彼はまだそれを公に証明できていない。ジャオ氏が説明するように、「本当のサトシであるならば、いかなるメッセージにも電子署名をすることができます」 ライト氏がそれをするまで、ビットコインの真の生みの親の正体は謎のままである。 (イメージ写真提供:123RF) https://www.ccn.com/craig-wright-is-a-fraud-binance-chief-changeng-zhao-slams-not-satoshi This story originally appeared on CCN.com. ランキングページ ビットコイン詳細ページ イーサ詳細ページ XRP詳細ページ ICOレーティングについて...

BC本の著者、中国はいつの日か人民元を仮想通貨に変える

恐らく、中国以上にビットコイン(BTC)を抑え込もうとしてきた国は無いだろう。ICO(イニシャル・コイン・ オファリング)を阻止した後、中国政府は仮想通貨取引を禁止したが、今はビットコイン・マイニングに焦点を定めている。中国政府は仮想通貨のスピードを、特に中国において、遅めたかもしれないが、この列車は全速力で進んでいる。遅かれ早かれ、この列車に自分達自身も乗っていることに中国政府も気付くであろう。 ブロックチェーン・リサーチ・インスティチュートのエグゼクティブ・チェアマン、ドナルド・タプスコット氏は人民元がBC(ブロックチェーン)へと辿り着くのは時間の問題だと示唆した。彼はブルームバーグに以下のように述べた。 「20年以内に、中国でビットコインを利用するようにはならないでしょう。中国の人々は人民元を使います。人民元だけが仮想通貨になります。中国の中央銀行は人民元をデジタル通貨に変えるでしょう」 ●中国政府は仮想通貨を意図的に攻撃している 最近の中国への訪問の際にタプスコット氏は習近平国家主席が「BCが中国の未来にとって最も重要な2つの技術の1つである」と考えていることを知った。面白いことに、彼が真実を話しているとは思えない。ビットコイン取引の禁止について言えば、タプスコット氏はそれは「誤りだ」と述べる。 タプスコット氏は続けて中国における「二項対立」を説明し、これは中国政府は仮想通貨を避けてきたが、BCは受容できるとみなしていることを指している。 「政府は仮想通貨を攻撃することに非常に真剣だ」とタプスコット氏は述べる。 ●中央銀行デジタル通貨 中央集権型組織がBCを受け入れるのは仮想通貨を受け入れるよりもずっと容易である。中央銀行の管理を必要としない分散型通貨はどれも中央集権型組織の目的を脅威にさらす。IMF(国際通貨基金)のクリスティーヌ・ラガルド氏でさえも仮想通貨が「システムを動揺させている」と考えている。 ●中国の仮想通貨受容は始まりに過ぎない 一方で、独自の仮想通貨を持つかもしれない国は中国だけでない。「ブロックチェーン革命」というタイトルの自身の本で、タプスコット氏はカナダの中央銀行職員が「世界中の中央銀行が真剣に国の貨幣システム全体をデジタル通貨に移行している」姿を見たがっているという事実を指摘している。 他方で、イングランド銀行のエコノミスト、アンドリュー・ホールデンが「CBDC(中央銀行デジタル通貨)を中央銀行が深刻な景気後退の中でマイナス金利を設定できないことに対する解決策として提案したことは有名」である。仮想通貨はまだ世界的な景気後退を経験していないが、それは時間の問題だ。 しかし、フィナンシャル・タイムズのドン・ウェインランド氏は「現段階ではCBDCを真剣に検討している中央銀行は存在しない」と主張する。その代わり、彼はFRB(米連邦準備制度理事会)や国際決済銀行などからの「抵抗」を指摘する。 それでもやはり、中国が独自の仮想通貨を考えているのなら、「ウイルスが広がっていること」は明白だ。 (イメージ写真提供:123RF) https://www.ccn.com/china-rmb-crypto-blockchain-author This story originally appeared on CCN.com. ランキングページ ビットコイン詳細ページ イーサ詳細ページ XRP詳細ページ ICOレーティングについて...

The Hidden Effects of Crypto Money Laundering Rules

Noelle Acheson is a veteran of company analysis and a member of CoinDesk's product team. The following article originally appeared in Institutional Crypto by CoinDesk, a free newsletter for the institutional market with news and views on crypto infrastructure delivered every Tuesday. Sign up at the link below. https://www.coindesk.com/the-hidden-effects-of-crypto-money-laundering-rulesThis story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Indexランキングページビットコイン詳細ページイーサ詳細ページリップル詳細ページICOレーティングについて...

日本の仮想通貨交換所業界、大きく変化する見通し

●金融庁、コールドウォレットのセキュリティ要件強化へ ●同じく金融庁、交換所に対し内部犯による攻撃の防止策強化を要請 ●「日本版アマゾン」の楽天が交換所を立ち上げ予定 ●SBIバーチャル・カレンシーズがビットコインキャッシュ(BCH)の取扱い廃止 日本の仮想通貨分野における複数の動きにより、同国の活況な交換所業界が変化を遂げる可能性が高い。 規制当局である金融庁は交換所の取り締まりに変更を加える予定だ。ロイター・ジャパンによると、金融庁はハッカーによる被害を抑えるためコールドウォレットの最大限の活用に努めるよう、国内の交換所に求めている。また同庁は交換所に対し、コールドウォレットのセキュリティネットワークの強化も求めており、違反者を厳しく取り締まる意向だ。 金融庁は複数の登録済み交換所について、資産を安全なコールドウォレット内に保つための施策が十分には取られていないと考えているようだ。同庁は、業務改善命令、業務停止命令、登録取り消しによって違反者を処分する準備を整えている。 また同庁は交換所に対し、元従業員や現従業員によって行われる「内部犯による攻撃」の防止策強化も求めている。最後に、同庁は交換所に対し、情報開示手続きの強化も求めている。金融庁は2月、取引の性質や規模に関する情報をより多く開示するよう交換所に要請したが、同庁はこの要請が無視されていると考えている。ロイターによると、交換所はそれらが顧客に関連した機密性のある財務情報だと考えており、公開にはまだ消極的だという。 しかし、特に日本のネット通販最大手である楽天が15日に楽天ウォレットアプリの取引口座の事前登録受付開始を発表したことを受け、日本の仮想通貨支持者は楽観的な姿勢を保っている。 同社は金融庁から営業許可を取得しており、楽天銀行の利用者は既存のアプリを通じて交換所の口座にアクセス可能になるとしている。 楽天は、AI(人工知能)を用いた24時間年中無休の支援と、無制限の取引が可能なスマートフォンアプリを提供する予定だと発表している。 同社は楽天ウォレットの交換所サービスを19年夏のいずれかの時点で正式に開始したいと考えている。 フォーブスによると、楽天の時価総額は96億ドルで、同社の交換所事業への参入は日本にとって大きな重要性を持つ。日本では、アジア有数の金融サービス企業であるSBIグループも最近、金融庁への登録済み交換所であるSBIバーチャル・カレンシーズを立ち上げている。 SBIバーチャル・カレンシーズは16日、他の交換所がビットコインSV(BSV)の取扱いを廃止する中、ビットコインキャッシュの取扱い廃止を発表し話題を集めた。同交換所はボラティリティ、51%攻撃の可能性、セキュリティ問題を理由に挙げ、6月に取扱いを廃止する予定だとしている。同社からはすぐにはコメントを得られなかった。 日本の交換所業界ではこれ以外に、会計サービスを提供するマネーフォワードが仮想通貨交換所の開設計画を見送ったとITメディアが報じている。同社は金融庁に書類を提出しており19年内の交換所開設を目指していたが、最近の弱気相場により再考せざるを得なかったとしている。 また、交換所のマネコを運営するガイアは、日本国内での事業拡大を目指し約89万3000ドルを調達した。テッククランチ・ジャパンによると、ガイアへの新たな投資家には、交換所のビットポイントを運営するリミックスポイントが含まれている。 (イメージ写真提供:123RF) https://cryptonews.com/news/japanese-cryptocurrency-exchange-scene-set-for-major-shake-u-3703.htm This story originally appeared on cryptonews.com. ランキングページ ビットコイン詳細ページ イーサ詳細ページ XRP詳細ページ ICOレーティングについて...

Privacy Crypto Monero Celebrates Its 5th Birthday

One of the most popular cryptocurrencies for privacy protection, monero, celebrated five years of existence this week. Launched in April 2014, monero has, since its inception, been entirely crowdfunded. And in tune with this decentralized, grassroots structure, monero is almost entirely developed by volunteers.https://www.coindesk.com/privacy-crypto-monero-celebrates-its-5th-birthdayThis story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Indexランキングページビットコイン詳細ページイーサ詳細ページリップル詳細ページICOレーティングについて...

米著名投資家、フェイスブックの仮想通貨に興味を示す

ビリオネア・ベンチャーキャピタリスト、ティム・ドレイパー氏はフェイスブックを再び好感できる企業にすることができる数少ない者の1人である。フェイスブックの仮想通貨がドレイパー氏が支持する企業リストの中に加えられることが分かった。 いくつか例を挙げるとビットコイン(BTC)やスカイプなどに投資したドレイパー氏は、フェイスブックが予定している10億ドルの資金調達計画を探るためマーク・ザッカーバーグ氏のチームと会う予定である。この資金は報道によれば同社の独自仮想通貨のために利用される。 ドレイパー氏はブルームバーグに以下のように語った。 「話を聞きたいと思っています。話を聞いて判断します」 ●フェイスブックの仮想通貨にチャンスを フェイスブックは言わばプライバシーに関してやってはいけないことのお手本であり、プライバシーという特徴は仮想通貨コミュニティにも深く関わっている。実際、仮想通貨取引所のコインベースが議論を巻き起こしたニュートリノの買収を発表した時、まず心に浮かんだことはフェイスブックから一体何を学んだのだということであった。 ザッカーバーグ氏は注意を払っている、もしくは少なくともBC(ブロックチェーン)に関する知識が豊富なチームを形成しているはずだ。ザッカーバーグ氏は仮想通貨に関しては異なったアプローチを取っているようであり、これは大物投資家から支持を得ているように見える。ドレイパー氏以外にも、他のベンチャーキャピタリストやヘッジファンド、ファミリーオフィスも報道によれば興味を示している。 ●ザッカーバーグ氏は仮想通貨が「好き」 フェイスブックはワッツアップを仮想通貨送金の導線として利用することを検討している。フェイスブック・ステーブルコインが米ドルに関連付けられるのか、もしくは他の通貨による通貨バスケットに関連付けられるのかは分からないが、送金のために価値の安定が提供されることが予想され、まずはインドに焦点が当てられるだろう。フェイスブック仮想通貨はまだ初期段階ではあるが、ドレイパー氏の存在はこのプロジェクトの推進力を高めるだろう。フェイスブックのチームが最も成功したBCスタートアップを作ってきた開発者ネットワークよりも一歩前に出たことは確実だろう。 これからは暗号化されたメッセージに舵を切ると明かした時、フェイスブックは贖罪の道を進み始めた。この動きはオンラインショッピングやオンライン決済にも広がる大きな変革の一部である。プライバシーに関する大失態をもたらした広告収入への依存を減らすために新たな収入源を作ることが目的である。 メディアでのインタビューではドレイパー氏は気さくな人間である。それだけでなく、ドレイパー氏は良い投資機会を見抜く能力を有している。ベンチャー投資はドレイパー氏の血液であり、彼にとって仮想通貨もそれと似たような物であるように見える。だから、ドレイパー氏がザッカーバーグ氏の話を聞くのであれば、他の仮想通貨コミュニティも聞くべきである。 (イメージ写真提供:123RF) https://www.ccn.com/billionaire-tim-draper-tempted-facebook-crypto This story originally appeared on CCN.com. ランキングページ ビットコイン詳細ページ イーサ詳細ページ XRP詳細ページ ICOレーティングについて...

Malware Crypto Ransoms Rose By Almost 90% in Q1: Report

The average cryptocurrency payout for ransomware attacks rose dramatically in the first quarter of 2019, according to a firm that helps victims pay ransoms. In its quarterly report, Coveware said that, while in Q4 last year the average ransom was $6,733, it shot up by 89 percent to $12,762 in the first three months of 2019.https://www.coindesk.com/malware-crypto-ransoms-rose-by-almost-90-in-q1-reportThis story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Indexランキングページビットコイン詳細ページイーサ詳細ページリップル詳細ページICOレーティングについて...

CoinList's First 2019 Token Sale Cancelled Over Low Demand

After a token sale on CoinList failed to reach its target, data marketplace Ocean is trying again on crypto exchange Bittrex International. Ocean Protocol has a vision to become the ecosystem for "a new data economy," its founder Bruce Pon told CoinDesk. With the release of its version 1.0 beta network earlier in April, its tokens are ready to be used on the platform, but the company has not quite met its fundraising goal.https://www.coindesk.com/coinlists-first-2019-token-sale-cancelled-over-low-demandThis story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Indexランキングページビットコイン詳細ページイーサ詳細ページリップル詳細ページICOレーティングについて...

Bitcoin Clings on Above Key Support Amid Signs of Price Pullback

Bitcoin's (BTC) three-day run of slight gains is showing signs of exhaustion on the short-term technical charts, yet strong support below $5,190 has meant a pullback has remained elusive - so far. The leading cryptocurrency is currently trading largely unchanged on the day at $5,250 on Bitstamp, having gained 3.4, 0.6 and 0.9 percent on Tuesday, Wednesday, and Thursday, respectively.https://www.coindesk.com/bitcoin-clings-on-above-key-support-amid-signs-of-price-pullbackThis story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Indexランキングページビットコイン詳細ページイーサ詳細ページリップル詳細ページICOレーティングについて...

コインベースの18年の収益5億2000万ドル―ロイター推計

ロイターの推計によると、仮想通貨交換所のコインベースは18年に世界全体で約5億2000万ドルの収益を得たという。 この数字は英国における同交換所の収益に基づいている。英国の企業登記所に提出された書類によると、同国におけるコインベースの18年の収益は20%増の1億5300万ユーロ(1億7300万ドル)だった。コインベースUKのジーシャン・フェロスCEO(最高経営責任者)はロイターに対し、英国での事業はコインベースの全収益の「約3分の1」を占めていると語った。 この書類ではさらに、コインベースUKは18年に660万ユーロ(740万ドル)の純利益を得たとしている。 ロイターは加えて、VC(ベンチャーキャピタル)企業は未だ仮想通貨への直接的な関与には慎重かもしれないが、仮想通貨・BC(ブロックチェーン)分野には数百万ドルを投資していると報じた。 ピッチブックがロイター向けに行った調査では、19年にはこれまで約8億5000万ドルがこの業界に投資されている。一方18年には117件の投資が行われ、この分野へのVCの関与は5倍増で過去最高の24億ドルに達した。 例えばLSEG(ロンドン証券取引所グループ)は19年、資本市場向けBCを手掛ける新興企業ニヴェウラへの2000万ドルの投資ラウンドを率いた。他の大型投資には、マイクロソフトのVCファンドであるM12とボストン・コンサルティング・グループによるものなどがある。両社は、NYSE(ニューヨーク証券取引所)の親会社ICE(インターコンチネンタル取引所)傘下のデジタル資産プラットフォームであるバックトへの1億8250万ドルの投資ラウンドを支援した。 しかし、VCの熱意はやや落ち着きを見せているかもしれない。報道によると、19年の取引額は平均約650万ドルで、18年の800万ドルと比べ減少している。 (イメージ写真提供:123RF) https://www.coindesk.com/coinbase-generated-520-million-in-revenue-last-year-reuters-estimates This story originally appeared on CoinDesk, the global leader in blockchain technology news and publisher of the Bitcoin Price Index. ランキングページ ビットコイン詳細ページ イーサ詳細ページ XRP詳細ページ ICOレーティングについて...