マスク氏声明とタップルート確定を受け、BTC4万ドル台が視野に

tsla164518746_s.jpg

 テスラ社のイーロン・マスク氏が肯定的なメッセージを発表し、最も人気のある暗号資産(仮想通貨)であるビットコイン(BTC)は6月14日に4万ドル近くに到達し、また、重要なBTCアップグレードの起動が確認された。

 月曜日の朝(協定世界時)、BTCは3万9800ドルを超えた後、値を下げた。協定世界時3時31分、BTCは3万8952ドルで取引され、1日で11%、週間で約9%上昇し、月間損失を22%以下まで減少した。

 14日に最高のパフォーマンスを見せた暗号資産はBTCで、上位10位の他のトークンは4-8%上昇している。

 マスク氏が、テスラはBTC決済サポートを再開するのは、「前向きな将来の傾向とともに、採掘者による合理的な(50%まで)クリーンエネルギーの使用が確認されれば」と話した後、上昇が加速した。
 
 採掘者の約75%はある種の再生可能エネルギーを使用し、再生可能エネルギーは使用された合計エネルギーの40%以下を占めるとケンブリッジの研究は示している。

 1カ月前、テスラ社はBTCを使用して車を購入することを停止するとマスク氏は発表し、テスラ社は他の暗号資産を検討し、暗号資産市場での売りを促進している。

 一方、BTCの主要なアップグレード「タップルート」が前週末に確定し、11月にタップルートが実行される予定である。

 報道されたように、「タップルート」は、17年の「セグウィット」以来の大規模なアップグレードで、BTCのスマートコントラクトとスクリプティングの能力を拡張するとともに、より良いプライバシー対策をもたらす。ライトニングの実装に統合されれば、チャンネルを通常のBTC取引のようにみせることで、ライトニングネットワークのようなセカンドレイヤーソリューション上のプライバシーを改善することができる。
 
(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-eyes-usd-40k-amid-musk-statement-taproot-confirmatio-10672.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて