BNB上昇の影響か? CEXトークンがさらに急騰

129513313_s.jpg

 過去7日間でいくつかのCEX(中央集権型取引所)トークンが、大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスのネイティブトークンであるバイナンスコイン(BNB)を出し抜いた。ただし、それらの取引高はバイナンスコインと比べ遥かに小さい。

 コインゲッコーによると、協定世界時12日10時時点においてバイナンスコインは過去1週間で70%近く値上がりし、上昇率第10位となっている。過去24時間だけでも26%上昇しており、現在は1BNB=592.5ドルで取引されている。

 一方でホットビット、クーコイン、ゲートといった暗号資産取引所のコインはこれを上回り、1週間で80%から379%上昇した。

 これらのコインの順位は次の通り。

 ・ホットビットトークン(HTB)、379%上昇、1HTB=0.08ドル

 ・ノミネックス(NMX)、171%上昇、1NMX=7.88ドル

 ・クーコイントークン(KCS)、149%上昇、1KCS=18.49ドル

 ・ビラキシートークン(BIA)、112%上昇、1BIA=0.036ドル

 ・AAXトークン(AAB)、106.5%上昇、1AAB=0.43ドル

 ・MXトークン(MX)、99.5%上昇、1MX=1.36ドル

 ・ウートレード・ネットワーク(WOO)、93%上昇、1WOO=0.94ドル

 ・ラトークン(LA)、90%上昇、1LA=0.32ドル

 ・ゲートトークン(GT)、81%上昇、1GT=4.23ドル

 注目すべきことに、これらのコインはいずれもバイナンスコインと比べると取引高がはるかに小さい。コインゲッコーによると、バイナンスは取引高で見て世界最大の暗号資産取引所であり、24時間取引高は388億ドル。過去7日間におけるバイナンスコインの最低取引高は30億ドル超で、最高取引高は79億ドルだった。

 これに対し、上記のコインで同じ期間に最も取引高が大きかったのはMXトークンで、12日に2億6350万ドルだった。

 ICOアナリティクスは最近、「21年に取引高とアクティブメンバー数が共に増加する中、CEXトークンの多くは第1四半期に史上最高値を記録した」と記していた。

 ●トップ3

 このリストから分かるように、上位3コインはそれぞれホットビット、ノミネックス、クーコインに属している。

 クーコインシェアーズは1月にクーコイントークンに改名しコントラクトアドレスを変更した。同コインは3月31日の1KCS=5ドルから急騰し、269%増となった。過去7日間の取引高は3000万ドルから1億9900万ドルだった。

 クーコインは6日に予定されていたスポット及び先物取引システムの更新を完了した。2日には、全てのコミュニティ利用者のためにイーサリアム(ETH)を基盤としてクーコインが構築した分散型パブリックチェーンKCC(クーコイン・コミュニティ・チェーン)用テストネットであるクラトスのベータ版が発表された。同社は試験に参加したコミュニティ利用者への報酬として、200対1の割合でクーチェーン・テスト・ネットワーク・クラトス・トークンをクーコイントークンに変換することを決めた。

 ノミネックスは4日に上昇を始め、これまでに1NMX=2.74ドルから188%増となった。取引高はクーコイントークンよりもかなり小さく、15万9778ドルから146万ドルとなっている。最高額を記録したのは12日で、これはこの期間に記録した2番目の取引高と比べても137%大きかった。

 ノミネックスは「勝てないのなら加わろう」と宣言し、5日にバイナンスのブローカープログラムへの参加を発表した。ユーザーはノミネックスのサイトを通じてバイナンスのツール全てを利用できるようになり、取引はバイナンスのプラットフォームで行われ、ユーザーの資産はバイナンスのウォレットに保管される、と同社は語った。バイナンスが対応するすべての取引ペアもトレードできる。

 ホットピットトークンは3つのうちで最も遅い9日に急騰し、10日にさらに勢いを増した。その3日間だけで325%上昇した。過去1週間における取引高の最低値は5万1338ドルで最高値は600万ドルだった。

 ホットビットは9日、「各資産の最適化とホットビットの基盤システムの大量アップグレード」から成る「重要な」アップグレードが行われていると発表した。ホットビットはこの発表の中で、過去数か月間で「新規ユーザーが大量に流入」しており、1300種類を超える資産の取引機能に対応したと述べた。全ての機能が再開した後、全ユーザーに14日間無料でVIP6メンバーシップを提供する、とホットビットは決定した。

 バイナンスの方でも、12日、ユーザーが端株をトレードできるようになる手数料無料の取引可能な株式トークンの正式ローンチを発表した。最初の上場されるバイナンス・ストック・トークンはテスラだ。

 バイナンスの趙長鵬CEO(最高経営責任者)は最近、1年で20から30社の買収を計画していると語った。一方で報道によると、バイナンスは米国法に違反する賭博を米国人に提供した疑いで米商品先物取引委員会の調査を受けているという。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/impressed-with-bnb-rally-these-cex-tokens-jumped-even-more-9881.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて