チェーンアリシスの企業価値が20億ドルに到達、暗号資産情報の需要増期待

36356634_s.jpg

 3月27日、米拠点主要ブロックチェーン分析企業チェーンアリシスは1億ドルを集め、企業価値は20億ドル以上となったと発表した。

 前投資家AdditionとRibbitが同企業の投資額を増加し、パラダイムがシリーズD資金調達ラウンドを先導したと同企業は話している。さらに、マーク・ベニオフ氏の投資ファンドTIME Venturesも参加した。

 これは20年11月にチェーンアリシスが1億ドルを集めたシリーズCラウンドに続く。クランチベースによれば、11月までに同企業は合計1億6600万ドルを集めた。最新のラウンドで、2億6600万ドルを集めると推定される。

 新たな資金はビジネスの拡大に使用すると同企業は話している。同企業のデータソリューションを以下の組織に提供する。

・顧客行動の洞察をもとにした市場開発戦略を最大限利用したい暗号資産ビジネスや金融サービスプロバイダー

・暗号資産採用の増加のため、暗号資産市場の傾向を理解したい資産管理会社や金融機関

・暗号資産を悪用する犯罪組織の詳細を理解したい政府機関

 20年に渡り、同企業は年間経常利益(非公開)を前年比100%超に増加した。さらに、30カ国以上の政府機関、60カ国以上の民間事業を含め顧客数を2倍にした。新たに116人の従業員を雇い、提携プログラムを拡大し、現在、50以上の企業で構成されている。また、10のネイティブブロックチェーンに渡る100以上のデジタル資産にサポートを拡大し、暗号資産経済活動の約90%に及んでいると同企業は主張している。

 「世界進出を続けるため、21年にすべての職務で何百もの新たな職を産み出す計画である」と付け加えた。

 アクセル、ベンチマーク、他の主要ベンチャー・キャピタルに支援され、チェーンアリシスは60カ国以上の政府機関、取引所、金融機関、保険企業、サイバーセキュリティ会社にデータ、ソフトウェア、サービス、調査を提供している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/chainalysis-valued-at-usd-2b-as-investors-see-demand-crypto-9697.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて