コンピューティング・ネットワーク基盤のCudosトークン、BitMaxで取引開始

45016506_s.jpg

●BitMax.io、CUDOSトークン上場
暗号資産(仮想通貨)取引プラットフォームBitMax.io(BTMX.com)がコンピューティング・ネットワークのCudos(CUDOS)トークンの上場を発表した。USDT(テザー)との取引ペアとして、日本時間1月12日23時より提供が開始されている。


●Cudosとは
CudosはDeFi(分散型金融)とマルチチェーンのレイヤー2オラクルを提供するグローバルなコンピューティング・ネットワーク。

2万を超える世界中のノード(コンピュータ)稼働数により、スケーラビリティを高めつつも計算コストを低減させることを可能にし、ブロックチェーンの開発者をオフチェーン・データ(ブロックチェーン上に記録されない取引)や、外部APIと接続させることを実現している。なお、2021年内にはノード運用数が100万を超える模様。

Cudosトークンは同ネットワーク上でステーキングなどに活用されるユーティリティートークンだ。

Cudosはデベロッパーやゲーマー、またサービスプロバイダを対象にスマートコントラクト(ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組み)やコスト効率の優れたクラウドサービスを通して、グローバルなコンピューティングの市場構築を目指す。またWASM、EVM、DockerやVM環境に対応しており、既に145カ国のユーザーに利用されている。

●Cudosの開発陣
Cudosのテック系の連続起業家、エンジニア、データサイエンティストらが開発に携わった。アドバイザーにはソニープレーステーションやAMD(アドバンスト・マイクロ・デバイセズ)が名を連ねており、ブロックチェーンVCとして有名なMoonwhale.ioやOutlier Venturesなどから出資を受けている。

英国では最大のクラウド/バックボーンネットワークに成長、「世界のコンピューティング能力をうまく活用していく」という企業理念の実現を目指す。

(※BitMax.ioは、LINEの暗号資産サービスでありLVC株式会社(暗号資産交換業者 関東財務局長 第00017号)の提供する取引所BITMAXとは異なる取引所です)

著者:Noah Sakamaki

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=213997

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて