<今日の仮想通貨市況>BTC堅調、JPモルガンが「4万ドル台再浮上がカギ」とレポート

JPmorgan104471313_s.jpg
 19日午前10時5分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=379万9187円(過去24時間比1.80%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=13万719円(同1.43%高)、XRP(XRP)が1XRP=29.5円(同2.36%高)などとなっている。

 18日、米大手銀行JPモルガン・チェースがレポートで「BTCは近いうちに4万ドル(約414万7900円)を超えられるかどうかが重要なカギになる」としたことが支援材料になっているようだ。4万ドル未達なら3月終わりにかけ下落局面を迎えるとも指摘しているが、米大手仮想通貨投資企業グレースケールが提供するビットコイン投信(GBTC)への資金流入とBTC先物に対する需要次第との見方も示しており、足元は買い優勢となっている。

 バイデン次期米政権関連では、SEC(米証券取引委員会)委員長に元CFTC(米商品先物取引委員会)委員長で暗号資産に精通するゲーリー・ゲンスラー氏が正式に就任することが発表されたほか、イエレン次期財務長官が19日の議会証言で「ドル安は求めない、景気浮揚に向け果敢に取り組むなどの旨の明らかにする」とウォールストリートジャーナルがスクープしたことなどが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて