<今日の仮想通貨市況>BTC3.6万ドル突破、"クジラ"増加で4万ドルも視野に

whale_150528106_s.jpg
 7日午前9時55分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=382万7045円(過去24時間比10.08%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=12万4709円(同12.30%高)、XRP(XRP)が1XRP=26.1円(同8.63%高)など全面高商状となっている。

 6日、ビットコインは過去最高値更新の3万6000ドルを突破した。機関投資家主導で大口投資家(クジラ)のアドレス数が過去最高に達したと伝わったほか、デジタルゴールドとされるビットコインが新たな金本位制となる可能性が報じられたことなどを受け、買いが買いを呼んでおり、史上初の4万ドル台が目前となってきた。

 このほか、SEC(米証券取引委員会)がXRPの販売をめぐりリップル社を提訴したことを受け、昨年末から軟調だったXRPは買い戻し優勢の展開となり、ライトコイン(LTC)に代わり時価総額4位に再浮上。XRPの価格に左右されやすいとされるステラルーメン(XLM)は年初からの騰勢が依然続いている。

 XLMをめぐっては、送金の利便性志向のXRP保有者の売却資金が間接的にXLMに流入しているとの見方がある一方、6日に前日比60%近い急騰となった背景に、ウクライナのデジタル改革省がCBDC(中央銀行発行デジタル通貨)のエコシステム構築を目的に、ステラ開発を行うステラ開発財団と提携したことなどが買い材料になったようだ。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて