ビットコインの価格はグレースケール・ビットコイン・トラストに注目ーJPモルガン

91100544_s.jpg

 米拠点の主要投資企業JPモルガン・チェースによれば、グレースケール・ビットコイン・トラスト(GBTC)への投資は次の数週間にわたり、ビットコイン(BTC)価格の行方の鍵となるだろう。

 「次の数週間にGBTCに追加の流入がなければ、自営業のような機関投資家が長期間の投資として従来の金(ゴールド)の代用で、デジタルの金としてBTCの採用に乗り出すという考えに疑問を投げ掛けることとなるだろう」とブルームバーグはJPモルガン・チェースのストラテジストの話を引用した。

 11月30日に報道されたように、グッゲンハイム・ファンド・トラストは、GBTCに投資しBTCへのエクスポージャーを求めるため、53億ドルのマクロ・オポチュニティ・ファンドの権利を留保するとして、米証券取引委員会に修正案を申請した。

 また報道されたように、GBTCは20年第3四半期に7億1930万ドルの流入があった一方、他の商品が20年第3四半期の流入の31%を占めた。

 一方、11月27日、JPモルガンのストラテジストは、「トレーダーのポジションは大いに明らかとなった」と指摘した。BTCが素早く回復しない限り、モメンタムの合図は悪化し続けると付け加えた。

 先週、BTCは1万9000ドル超えから1万7000ドル以下まで下落し、先週末に1万8000ドルまで回復した。

 記事掲載時(11:20協定世界時)、BTCは1万8591ドルで取引され、1日で2%上昇し、先週の損失を帳消しした。価格は月間で34%、週間で152%上昇した。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/watch-grayscale-bitcoin-trust-for-btc-price-clues-jpmorgan-8462.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて