ステラルーメン、ネム、デジバイト価格分析:11月29日

46636697_s.jpg

 過去数週間に渡るネム(XEM)の力強いパフォーマンスは、チャート上で弱気リバーサル(反転)パターンを形成した後、後退しそうで、この進展で0.169ドルのサポート帯を失うかもしれない。さらに、ステラルーメン(XLM)が0.18ドルのサポート帯に向かっている一方、デジバイト(DGB)は2つの水準の間で彷徨っており、突破の兆候はまだ見せていない。

・XLM

 XLMの1時間チャートはここ数時間で弱気モメンタムが強化していることを示している。しかし、徐々に築き上げられていて、まだ強力ではない。23.6%と38.2%の水準でのフィボナッチ・リトレースメントが次の数時間でXLMへのサポートを提供してくれることが期待されている。

 しかし、長期の時間枠ではXLMは強気相場である。1時間チャートで、MACDは弱気クロスオーバーを形成し、市場の強化する弱気を強調するように、0を下回った。

・XEM

 XEMは弱気リバーサルパターンである上昇ブロードニング・ウェッジを形成している。XEMのサポート帯は0.169ドルにある。この水準と戻しの上昇トレンドラインの直下で、価格の下落が見られそうだ。

 最後に、オーサムオシレータは弱気のダブルトップを形成し、XEMは数時間後に損失に直面しそうだと示唆している。

 0.169ドルがレジスタンスに入れ替われば、XEMの弱気相場での価格目標値は近々0.137ドルになるだろう。

・DGB

 DGBは長方形内で取引されている。価格がこのパターンに下降すると、通常上昇への突破が見られる、レクタングル・ボトムと呼ばれる。

 先週のようなアルトコインに対するポジティブセンチメントは、もう一度DGBを上昇へと向かうように押し上げるだろう。しかし、1時間チャートでは、上昇する気配はまだない。

 価格は0.021ドルと0.023ドルの長方形の境界線の間で彷徨いそうだ。相体力指数は中間モメンタムを示していて、過去数時間では短期間の強気相場が見られた。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/stellar-lumens-nem-digibyte-price-analysis-29-november/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて