なぜ今年、ビットコイン投資へ機関投資家が動いたのか

131403641_s_Fidelity.jpg

●機関投資家がビットコイン投資に参入
米Fidelity Digital Assets(FDA)のセールス・マーケティング部門責任者であるChristine Sandler氏が、ポッドキャスト「Unchained」に出演し、今年、なぜ機関投資家の間でビットコイン(BTC)への関心が急激に高まったのかについて説明した。

フィデリティは、資産運用業におけるグローバル・リーダーとして、機関投資家や個人投資家向けに、資産運用サービスを提供する大手金融機関で、暗号資産(仮想通貨)部門としてFDAを設立し、機関投資家向けにデジタル資産のカストディおよび投資実行サービスの提供も行なっている。

仮想通貨業界で最も機関投資家に近い存在と言っても過言ではないFDAが、最新のビットコイン市場と機関投資家の参入ポイントについて語った内容は大変貴重だ。


●2020年に起きた重要な変化
Sandler氏は、今年、デジタル資産に対する機関投資家等の顧客の意識を形成する上で、非常に大きな出来事が起こったとして、次のような要素による影響を指摘した。

●コロナウィルス
新型コロナウィルスのパンデミックと、「米FRBの行動」がデジタル資産に対する考え方に大きく影響し、ビットコイン=デジタルゴールドの概念が浸透した。

●規制アプローチの明確化
今年、米通貨監督庁(OCC)が、銀行が顧客のデジタル資産を保有することを承認する声明を出したことが「分水嶺」となった。機関投資家の大きな懸念事項であった規制の曖昧さが、一つクリアされた。

●著名投資家のビットコイン投資参入
Paul Tudor JonesやStan Druckenmillerのような著名投資家が、ポートフォリオの分散化の観点からデジタルゴールドとしてビットコインへ投資したことを発表したことで、ビットコインへの信頼が増した。

●効果的なビットコインの説明法
また、Sandler氏は、今年、機関投資家によるデジタル資産投資には「かなり強い動き」があったが、その動きを大きく後押しした要因のひとつが、「ビットコイン=デジタル・ゴールド」という語り口だっと述べた。実際に、ヘッジファンド、超富裕層やファミリー・オフィス、そしてこれらの顧客にサービスを提供する投資アドバイザーなどの機関投資家が、この語り口に大きく共鳴したと言う。

仮想通貨の普及をする中で、最も難しい問題の一つが、仮想通貨とは何か、ビットコインは何かについて、初心者に説明することだとホストのLaura Shin氏は述べ、FDAがどのようにその難題に取り組んでいるかについて質問した。

Sandler氏は、投資家に新しい資産クラスへ投資を紹介するに有効なのは、なるべく相対的な言葉で語り、テクノロジー、エコシステム、規制などの構造的な要素について、伝統的な資産クラスとの類似性を指摘し、理解してもらうことだと述べた。

そして、顧客からの懸念や質問に答える形でわかりやすいコンテンツを作り、有益な情報を提供する機会を増やすことで、顧客のデジタル資産投資への意見形成に寄与することも重要だと付け加えた。

機関投資家であっても、新しい技術等の情報アクセスは限られており、2020年の経済状況がそれを急速に加速させたことを指摘している。

●機関投資家へのサービス提供に特化
Sandler氏は、米大手仮想通貨取引所コインベースで機関投資家向けの営業部長を務めた後、2019年にFDAに入社。

FDAは、その系列組織にフィデリティ応用技術センター( Fidelity Center for Applied Technology=FCAT)をかかえており、そこでは技術研究のためビットコインのマイニングも行っている。デジタル資産利用のための概念実証を始め、安全な保管や取引などについて、FCATは研究開発部門としての役割を担っているとSandler氏は大きく評価している。

このような知見を基に、FDAは機関投資家特有のニーズ、特に資産のカストディや取引の面において体系的に対応するサービスを提供していると同氏は述べた。

今後、個人投資家向けのサービスを提供する可能性があるかと尋ねられると、同社にとって機関投資家向けのサービスに焦点を合わせることがより重要であるため、Sandler氏は、その可能性は低いと答えた。

●イーサリアム関連サービスの提供とDeFi
イーサリアム関連サービスの提供について尋ねられると、FDAのロードマップに記されており、視野には入っているという。またデジタル資産のカストディアンとして、イーサリアムの提供時にはステーキングサービスも行う予定だが、機関投資家の間では、ビットコイン投資が主流であり、イーサリアム提供に関しては具体的な日程などはないようだ。

一方、DeFi分野に関しては、「概念実証がリアルタイムで展開されているのを見ることができるのは素晴らしい」とSandler氏は絶賛した。ただし、ガバナンスと回復力の面では、まだまだ多くの作業が必要なようだとの意見を述べた。

出典:Unchained Podcast

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=201461

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて