チェーンリンク、アイオタ、ヴィチェーン価格分析ー11月18日

46636697_s.jpg

 イーサリアム(ETH)は492ドルから470ドルへと急降下し、主要アルトコインも引き戻しに遭った。ETHが下落し続けると、さらなる修正になりかねない。チェーンリンク(LINK)は14ドルを突破し、数日後に14.5ドルのレジスタンス帯を試すことになる。アイオタ(IOTA)は上昇を試みているが、売りの圧力に遭う一方、ヴィチェーン(VET)は強気相場の様相である。

・LINK

 価格とモメンタムのインジケータの間で弱気のかい離が見られた。ビットコイン(BTC)の1万8500ドルから1万7200ドルへの急降下と相まって、LINKは12.6ドルのサポート帯を再訪することとなった。

 11月初旬に10.4ドルを超えた後、LINKにとって上昇は無傷のままである。13.25ドルを超えると、14.5ドルまで重大なレジスタンス帯には直面しないが、BTC修正により、短期間の急落に遭うかもしれない。

 12ドル以下で取引セッションが終了すれば、次の数日間でモメンタムは強く弱気に移行するだろう。

・IOTA

 比較的落ち着いていた数日後、価格が上昇し、IOTAのボリンジャーバンドは広がった。

 しかし、IOTAはすぐに引き返し、20SMA(単純移動平均線)に戻った。20SMAは、IOTAにとってサポート帯として働いていたが、すぐに突破されるかもしれない。

 50SMA以下で取引セッションが終了すれば、価格は0.25ドルのサポート帯に戻ると見込まれる。

・VET

 VETは過去数日に形成したアセンディング・トライアングル(上昇三角形)と、下降チャネルから突破した。トレーダーの確信を示す強い取引高により、このブレイクアウトは起こった。

 価格は下落し、サポート帯として0.118ドルを試した。MACDは買いの合図を出しており、上昇する前のわずかな引き戻し状態であることを示している。

 下降チェネルの基盤は、次の数週間でVETが達成できる目標値である0.14ドルのレジスタンスの水準である。しかし、0.125ドルの域は精算地帯であると証明されており、VETがブレイクアウトに向けて、その域を超えれなければ、さらなる証明となるだろう。

 0.113ドル以下での終了は強気相場に向けて支障をきたすこととなるだろう。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/chainlink-iota-vechain-price-analysis-18-november/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて