ビットコイン、マイナー増加と手数料低下の影響で急伸

85254840_s.jpg

 ビットコイン(BTC)が急伸し、出来高も増加しているが、稼働中のマイナー(採掘者)が増加したことで手数料は低下している。

 ビットコイン価格は11月に入ってから大幅に上昇している。この世界トップの通貨は18年1月以降で初めて1BTC=1万6000ドル水準を超え、13日は一時1万6400ドル以上に跳ね上がった。アナリストらは、ボラティリティ(変動率)の高まりを警告するとともに、価格も高騰すると予測している。

 出来高もまた増加している。コインパプリカによると、13日の出来高は155万2121ビットコイン、約250億ドル相当だ。12日の152万ビットコインを上回り、週の最低値である10日の118万ビットコインより31%も増加した。前週の最高値は187万ビットコイン、最低は120万ビットコインだった。

 一方、手数料は過去10日で低下している。11月3日に11.99ドルまで急上昇した後、7日間の手数料の移動平均は41%低下、12日には7ドルに達した。先日の急上昇前に記録していた2.18ドルよりはまだ高くなっている。

 取引手数料の中央値も同様、3日から12日の間で56.6%低下、2.9ドルにまで下がったが10月中旬に記録した1.17ドルには届いていない。

 未承認取引が一時的に記録されるビットコインメモリープールもまた、10月と比べると混雑は緩和している。

 ハッシュレート(ビットコインネットワークの計算能力)では逆の現象が生じている。10月末に大幅に低下した後、11月2日に再び上昇し始めた。以降12日までに17.7%上昇、127.36EH/sに伸びた。10月半ばに記録した過去最高値の147.21にはまだ届いていない。

 ビットコインのマイニング(採掘)難易度、またはマイニング報酬を獲得する競争難易度の指標は、16日の次回調整で再び低下すると予想されている。マイニング難易度は先日、ネットワーク史上で過去2番目に大きく低下している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-rally-supported-by-more-busy-miners-and-lower-fees-8302.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて