<今日の仮想通貨市況>ユーロ・ドルや金先物の上昇受け、BTC買い

131290069_s.jpg
 20日午前10時10分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=123万7561円(過去24時間比2.51%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=4万27円(同1.24%高)、XRP(XRP)が1XRP=25.9円(同0.16%高)など買い優勢となっている。

 19日、英・EU(欧州連合)間の通商交渉で双方の高官から前向きな発言が出たことや、米追加経済対策協議合意への期待が後退したことなどを受けユーロ・ドルが上昇。ドルが弱含む中、ドルと逆相関しやすい金先物が買われ、デジタルゴールドとされるBTCにも資金が流入した。

 このほか、IMF(国際通貨基金)主催のデジタル通貨関連の討論会でパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長がCBDC(中央銀行発行のデジタル通貨)開発で中国が先行していることについて、「早く発行するより、正しく発行することが重要」との認識を示したことや、米リップルのガーリングハウスCEO(最高経営責任者)が「中国共産党がその気になればBTCのブロックチェーンを変更することもできる点について議論すべきだ」と主張したことなどが話題となっている。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて