中国人民銀行、デジタル人民元の開発を早めるよう促す

55272784_s.jpg

 サウスチャイナ・モーニング・ポスト の報道によれば、中国人民銀行のチェン・ユール―副総裁が、デジタル人民元の発行プロセスを加速させ、CBDC(中央銀行発行デジタル通貨)をデジタル時代における「1つの独立した金融インフラ」の一部にすることを要求した。

 中国人民銀行が運営する金融雑誌に掲載された記事の中で、チェン氏は、「中国は独立した高品質の金融インフラ」を作るとともに、CBDCの研究・開発スピードを早めなければならないと述べた。さらに、チェン氏は中国人民銀行は試験運用によってデジタル通貨が「コントロール可能で決済の安全を守ることができる」ことを示さなければならないと述べた。

 これらの発言の3日前には、地元の報道が中国が新たなデジタル人民元の試験運用を始め、深セン市が小売店の顧客が利用できる150万ドル相当のデジタル人民元の商品券を配布し始めたと述べていた。

 また9日に、複数の国の中央銀行は国際決済銀行とともにレポートを出しており、このレポートはそれぞれの国のCBDCに関する協力とデジタル通貨を国際的に移動する際の制限の排除について述べている。このレポートの作成に関わったのはカナダ銀行、イングランド銀行、日本銀行、欧州中央銀行、スウェーデン国立銀行、スイス国立銀行、米連邦準備制度である。中国はこのレポートの作成に関わっておらず、またCBDCに関する他国との協力に関してまだ何も発表していない。

 オーストラリア・ニュージーランド銀行の経済学者であるレイモンド・ヤン氏によれば、中国を含まない協力は同国の「経済規模および運用経験」を考慮すると「国際コミュニティにとって損失だろう」と述べている。

 中国人民銀行が試験運用をすでに行っている中で、ある日本政府関係者はデジタル円の発行を扱う法律の改正を要求している。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/china-should-accelerate-its-efforts-to-launch-pboc-urges/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて