モネロ、コスモス、メーカー価格分析ー10月11日

43906122_s.jpg

 モネロ(XMR)とメーカー(MKR)は以前の上昇トレンドを再開する前に、チャートでわずかに引き戻されるだろう。コスモス(ATOM)は上昇に向かい、好調な上昇を記録するかもしれない。あと数回の取引セッションでATOMのシナリオが明らかになるだろう。

・XMR

 XMRは新高値をを形成していたが、モメンタムインジケーター(RSI)は新下値を示していた。上昇ウェッジパターンも形成されていたが、取引量も減少していた。

 個々に見ると、強気相場での弱気のかい離も上昇ウェッジも次に起こり得る動向を強調する証拠とならないだろう。しかし、合わせて見ると、XMRは数日で108ドルかそれ以下に向かうことを強いられるという結果になり得る。

 わずかな引き戻しの後、XMRはチャート上で以前の上昇トレンドを再開する可能性がある。

・ATOM

 ATOMは長方形パターンを形成し、記事掲載時、価格は長方形パターンから抜け出したようだ。取引セッションはまだ終わっていないが、長方形パターンを抜けて終わることはすぐに上昇する合図となるだろう。

 形成されたパターンの幅により、ATOMが次の数回の取引セッションで6.3ドルに達する可能性がある。

 さらに、MACDも買いの合図を出している。ゼロ以下の強気クロスオーバーを形成しているが、記事掲載時、強気クロスオーバーを超え、買いの合図を強めている。

・MKR

 MKRの市場は強気に支配されている。440ドルまで下落して以来、MKRは巻き返している。しかし、550ドルの水準でのサポート帯への反転も重要な節目である。

 OBVは購入量は価格に伴い安定して増えていることを強調し、資産の上昇の裏で正当な買い手の関心を示している。記事掲載時、売られ過ぎ圏内にあったストキャスティック指数は低下している。

 したがって、MKRが上昇トレンドを再開する前に、サポートを求め570ドルまでわずかな引き戻しにあうかもしれない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/monero-cosmos-maker-price-analysis-11-october/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて