<今日の仮想通貨市況>ユーロ・ドルと金先物の上昇受け買い優勢

30053642_s.jpg
 11日午前10時30分現在の主要暗号資産(仮想通貨)は、ビットコイン(BTC)が1BTC=109万8930円(過去24時間比0.45%高)、イーサリアム(ETH)が1ETH=3万9116円(同2.85%高)、テザー(USDT)が1USDT=106.2円(同0.05%安)、XRP(XRP)が1XRP=25.8円(同0.34%高)などとなっている。

 10日、政策金利の据え置きを決めたECB(欧州中央銀行)理事会後の会見でラガルドECB総裁が、「ユーロ高に過剰反応する必要はない」などと発言し、市場の想定ほどハト派的ではなかったことからユーロ・ドルが一時上昇。ドル弱含みの流れで金先物が買われ、デジタルゴールドとされるBTCを中心として主要暗号資産も買い優勢となった。

 また、ECB理事会を終えたラガルド総裁はドイツ連邦銀行(中央銀行)とのオンラインイベントでユーロ圏CBDC(中銀発行デジタル通貨)について、数週間以内にユーロ圏におけるCBDCの今後の方針を発表する考えを明らかにした。

(イメージ写真提供:123RF)

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて