食品配達企業のジャスト・イート・フランス、ビットコイン決済を採用

JustEat5869856_s.jpg

 オンライン食品配達企業であり、英国に拠点を置くジャスト・イート・グループに属しているジャスト・イート・フランスの顧客はビットコイン(BTC)決済を今後利用することができる。さらに、ジャスト・イート・フランスのウェブサイトによれば、ビットペイがこのビットコイン決済サービスを提供する。ジャスト・イート・フランスと暗号資産(仮想通貨)決済サービス提供企業大手のビットペイとの正式な提携は発表されていない。

 また、ウーバー・イーツと比較されるジャスト・イート・フランスはビットコイン決済に関する説明を行い、ビットコイン決済に対して手数料は請求しないと述べた。さらに、ジャスト・イート・フランスによれば、ビットコイン決済はビットペイ上の価格に裏打ちされ、ビットコイン決済をキャンセルした場合はユーザーはユーロで返金を受け取ることができる。ジャスト・イート・フランスはウェブサイト上で以下のように述べている。 

 「最初の支払いを行った際にビットコインはすでにユーロに変換されている。従って、決済の際のレートが返金の際にも利用される」

 加えて、ジャスト・イート・フランスのカスタマーサービス・ページによれば、ビットコイン決済の追加はアップルペイやグーグルペイなどの新たな決済手段を追加する計画の一環をなしている。

 現在、ジャスト・イート・フランスは多くの顧客を有しており、顧客はフランスの1万5000店のレストランから食品配達を注文することができる。多くの人が、ジャスト・イート・フランスによる今回の動きがフランスでの暗号資産の利用を促すと考えている。この記事の投稿時において、フランスの他にビットコイン決済の利用を発表しているジャスト・イートの支店は存在していない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://eng.ambcrypto.com/food-ordering-company-just-eat-france-now-accepts-bitcoin-payments/

This story originally appeared on AMB CRYPTO.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて