バイナンスが新たなファーミングプラットフォームを発表

binance_130291221_s.jpg ●バイナンスが新たなプラットフォームを発表

仮想通貨取引所バイナンスが6日、新たなプラットフォーム「Launchpool」を発表した。

Launchpoolでは、既存のトークンをステークすることで新たに別のトークンを報酬として得ることができる。現在DeFi領域で盛んに行われているイールドファーミングと同じような機能を集権型取引所が提供することになる。

まずは9日からBNB、BUSD、またはARPAトークンをステークして新たなトークン「ベラプロトコル(BEL)」を得ることができるようにする。

16日からは、BEL/BTC、BEL/BNB、BEL/BUSDおよびBEL/USDTの取引が可能になる。

・ベラプロトコル(BEL)とは?

ベラプロトコルは現在のDeFi領域における難解さによる参入障壁の高さ、高騰するガス代などの課題を解決するためのプラットフォームで、DeFiのUXを改善してこれまでの10倍以上のユーザーをDeFi領域に呼び込むことを標榜している。

BELトークンはプラットフォーム上でステーキングやガバナンスに用いられるERC20規格のトークンで、8月に行われたプライベートセールでは450万ドル(約4億8千万円)を調達している。

プライベートセールでは供給総額の6%がリリースされ、バイナンスのLaunchpoolでは5%がリリースされる。

・バイナンスのDeFi領域を意識した取り組み

バイナンスCEOのCZ氏はTwitterにてDeFiに対抗するサービスとしてLaunchpoolをアピールしている。

"CeFi(集権型金融)でのイールドファーミングによる利益がDeFi(分散型金融)より高くならないと思っているならもう一度よく考えてみて"

https://twitter.com/cz_binance/status/1302636603219697667

(イメージ写真提供:123RF)

https://coinpost.jp/?p=180730

CoinPostに掲載された記事を、許可を得て転載しています。

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて