アルトコインは重傷、ビットコインがドミナンスを増加

134556364_s.jpg

 暗号資産(仮想通貨)市場は9月2日、合計時価総額を3710億ドルへと6%以上下げ、価格修正を強化し、主要な上位アルトコインはビットコイン(BTC)に対し、下落した。

 BTCは1日で5%下落し、11328ドルで取引されている(17;15協定世界時)。価格も1週間で1.5%下落した。その間、1日で3%上昇したバイナンスコイン(BNB)以外の上位10位の他のコインは7〜10%下落した。

・BTC価格チャート

 イーサリアム(ETH)は約10%下落し、週間利益も約10%下落した。さらに、ETHの取引量は過去24時間で222億7千ドルに到達し、現在BTCの取引量(213億1千ドル)よりも多い。

 同時に、9月2日、主要なDeFiトークンは2ケタ下落した。UMA(UMA)は27%下落し、ヤーン・ファイナンス(YFI)は18.5%、Aave(LEND)は15%下落した。

 結果、BTCのドミナンス、また合計時価総額の割合は過去24時間で56.3%に約0.5%増加したが、いまだ1週間前の57.7%より低い。

 9月2日に報道されたように、ギャラクシー・デジタルの設立者でCEO(最高経営責任者)のマイク・ノボグラッツ氏は、BTCはノボグラッツ氏が呼ぶところのDeFiで素早く利益を得ようと試みる投機家からの「売りの圧力」を前にしても、上手く事を運び、DeFi周辺の興奮同様、現在のマクロ経済の背景は、BTCが価値の保存としていかに「強力」であるか証明したと話した。

 また、ノボグラッツ氏は「すぐに、リスクの高い多くの暗号資産で大きな価格修正があるだろうと少し心配している」と話したが、この価格修正が長く続くとは考えていない。

(イメージ写真提供:123RF)

https://cryptonews.com/news/bitcoin-ups-its-dominance-as-altcoins-bleed-more-led-by-defi-7601.htm

This story originally appeared on cryptonews.com.

ランキングページ
ビットコイン詳細ページ
イーサ詳細ページ
XRP詳細ページ
ICOレーティングについて